TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsその他 2014.01.17

【訃報】フィリピン・ルバング島から戦後30年して生還した小野田寛郎元陸軍少尉が亡くなる


投稿者:横須賀 敦史

WS000431-kai

フィリピン・ルバング島のジャングルで、太平洋戦争終了後も29年間、潜伏し、生還した元陸軍少尉の小野田寛郎(ひろお)さん(91)が16日午後4時29分、東京都内の病院で死去した
-朝日新聞 Digital-

WS000432-kai
引用:-朝日新聞 Digital-

小野田寛郎さんはどんな人?
Wikipediaはコチラ

小野田さんは、戦時中に情報将校を育成する陸軍中野学校二俣分校を経て、1944年にフィリピン・ルバング島に着任し、遊撃指揮・残置諜者(※注記説明)の任務を与えられる。
ー(以来、30年間 任務解除の命令を受けられないまま戦闘を続行)ー

※↓小野田自然塾のWebサイトによる用語の説明

遊撃指揮
(ユウゲキシキ)
ゲリラ戦について、未教育の部隊や兵員に実地で指導すること
残置諜者
(ザンチチョウジャ)
敵の占領地内に残留して 味方の反撃に備え各種の情報を収集しておく情報員
*攻撃を予定する方面に事前に潜入し 同様な任務に付く者を「先遣諜者」と言う
(共に旧陸軍の遊撃戦闘教令の軍用語)

小野田さんは、終戦を知らず1974年まで約30年間、戦闘を続けてきた方です。
日本に帰還後は、一旦、ブラジルに渡り、その後、再び日本に戻り、サバイバル塾『小野田自然塾』を立ち上げるなど、精力的に活動。
数々の著書も執筆されました。

激動の人生を歩まれた、小野田さんのご冥福をお祈りします。

 

, , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ