【コミック】これだけ見れば万事OK!サバゲデビューの指南書『初めてのサバゲ』

昨今のサバゲブームのお陰か、またまた出ました、サバゲマンガ。
それが『初めてのサバゲ』
その名の通り、イチから始めるレベルでサバゲを紹介しており、ストーリー仕立てというよりは、マンガによる分かりやす解説書といった体裁になっています。


内容は初心者の女子大生「餡奈(あんな)」が、経験者の友人に誘われたサバゲで初回からドはまり、ちょっとずつアレコレ覚えて成長していくという流れ。
サバゲに必要な準備から始まって、ゲーム参加のルールや流れ、装備の揃え方や便利グッズの紹介、そしてエアガンの選び方からカスタムまで、萌えキャラの絵柄で詳しく解説しています。
作者のひよさん氏も、かなりヤリ込んでるゲーマーなので、実際にやってる人でないと指摘できない点や、あー、これこれ!というありがちなシーンが随所に出てきます。

また、マンガによる説明だけでなく、図解ページやエアガンカタログ、予算別装備ガイドなど、ビギナーがまず疑問に思うであろうことを、漏らさず網羅しているのは素晴らしい!
ぶっちゃけ、「経験ゼロの素人さんには、これを読ませておけば脱初心者レベルまで1人でやれるよ?」ってくらいきれいにまとまっています。


1巻P30

個人的に、この本は各フィールドの売店に置いてもらうと、飛ぶように売れるんじゃないかなーと思います。
初心者だけでなくベテランの皆さんも、チームに入った新人の教育用にぜひ1冊いかがでしょうか。

しかし、こういった入門書が出てきたってことは、サバゲのブームも本格的なものってワケですねー。

『初めてのサバゲ』
作画:ひよさん 原作:鉄人
青林堂 定価:952円

レビュアー:乾宗一郎

[amazonjs asin=”4792604745″ locale=”JP” title=”初めてのサバゲ-鯖ゲといってもネトゲじゃないよ リアルのサバイバルゲーム入門書”]

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。ここ数年はガスブローバックのARカスタマイズにハマっている。好きな映画は『エイリアン2』、好きなモビルスーツは「トールギス」。サバゲはエアガンカスタムのフィールドテストとして嗜む程度。

投稿者記事

  1. 【実銃ネタ】ハンドガードが溶けるほど撃ち込みたい! AR15は何発で燃えるのか?

    2018-01-26

  2. 【実銃ネタ】ナイツのSR-15 E3 MOD2は新しいガスブロックを装備していた!【マニア向け】

    2018-01-25

  3. 【実銃ネタ】Crye Precisionのショットガン「SIX12」の公式ムービーがシュールすぎてネタにしか見えない件。

    2018-01-24

  4. 【Youtube】60秒で分かるアクション映画! 「エイリアン2」編が見事にまとまっている件。

    2018-01-12

関連記事

  1. 【フィールドレビュー】BASE CAMP KAWABAのCフィールドはまるで逆落とし!? 本気の急斜面でタフなゲームを楽しもう!

    2014-09-18

  2. 【セラコート】米軍指定塗料、セラコートの驚愕の実力を徹底解説!

    2015-05-08

  3. 【第54回 静岡ホビーショー】「AA-12」も「特急ガン」も!東京マルイの新製品詳細リポート

    2015-05-14

  4. 【イベント】6/17、18にミリタリーフリマイベント「立川ミ二ミリ」開催!

    2017-06-04





RSS さばなび

アーカイブ

ページ上部へ戻る