TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsトレンド 2016.05.28

Amazonプライムは得か損か


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

  • ■今や「お急ぎ便」だけじゃない。年間費3,900円でここまで使えるのか!
  • ■筆者も常連!「ビデオ見放題」のお得感はハンパない
  • ■会員必見。意外と知られていない、奥様や子供にも喜ばれるサービスとは?

アマゾンプライム

今や筆者にとってはライフラインのひとつになった感があるAmazon.co.jp 。書籍をはじめ、家電や食品、ファッション、ベビー用品など多種多彩な商品が揃う。その会員制プログラム「Amazonプライム」が激アツで、かなり注目を集めている。年会費3,900円(税込)で、お急ぎ便を追加料金なしで無制限に使えるサービスを知ってる人は多いが、「ビデオ見放題」「音楽聴き放題」など、実際に活用できる会員向けサービスは多岐に及んでいる。どんな“お得”があるのか、紹介してみよう。

1.「お急ぎ便」「日時指定便」が利用し放題

お急ぎ便急に仕事の資料として書籍が必要になったり、出力したいのにプリンタのインクが切れたり…。そんな時に便利なのがAmazonの「お急ぎ便」。対象商品を、注文確定日から3日後までに届けてくれる「お急ぎ便」は360円(税込)、「当日お急ぎ便」は514円(税込)。Amazonプライム会員の年会費さえ払えば、これら料金は発生しない。家を留守にしがちな人にとってありがたい「日時指定便」も追加料金なしで無制限に利用できる。

また、お急ぎ便で注文した商品を、コンビニやヤマト運輸の営業所など、店頭で受け取ることも可能だ。飲料など対象の特別取扱品に至っては、取扱手数料も無料になるなど、受けられる恩恵は大きい。

なお4月8日にブーストマガジン内の記事でも取り上げたが(【悲報】アマゾン、無料配送やめるってよ。狙いはMore To Prime?)、今年に入って配送料が変更され、プライム会員以外は商品の注文金額が2,000円未満の場合、350円の配送料が発生するようになった。この変更により、さらにAmazonプライムの価値が高まった格好だ。

2.かなりお得!会員向け動画配信サービス

動画配信サービス「hulu」や「Netflix」など、月額制のオンライン動画配信サービスが日本でも定着しつつある。「Amazonプライム・ビデオ」も、そんなサービスのひとつ。プライム会員であれば、プライム対象作品の映画やテレビドラマ、アニメなどを視聴することができる。年会費は3,900円なので、ひと月で換算すると月325円。このサービス単体で捉えてみても、かなりお得に感じられる。

もちろん、パソコンだけでなくスマホやタブレットなど、さまざまなデバイスで視聴可能。出かける前にiPhoneやAndroidなどのデバイスにダウンロードしておけば、電車や飛行機の中など、ネットに接続できない環境でも映像を楽しむことができるのだ。もちろんWifi環境でダウンロードしておけばデータ通信量も気にならず安心だ。気になる動画はとりあえず落としておくのが正解。

筆者も「Amazonプライム・ビデオ」のヘビーユーザーでアメリカのTVドラマにはまっている。通勤時間が長いのだが、TVドラマを見ながら帰れば1時間くらいはあっという間という感覚である。また筆者のiPhoneでの結果だが、1時間視聴してデータ通信量が0.35GB程度なので、それほど大きなデータ通信量ではないのも安心できる。

プライム会員なら電子書籍も月1冊無料ってマジ?

続きはこちら ↓↓↓

Amazonプライムは得か損か++

, , ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ