⾃衛隊オフィシャルマガジン『MAMOR』能登半島地震発災後、自衛隊の統合任務部隊よる31日間の活動記録を公開

今月のMAMOR・Military Reportは能登半島地震での自衛隊による災害派遣活動を紹介。
31日間の活動記録や参加隊員たちのリアルな声も聞いてみました。

Military Report ー
自衛隊が災害派遣活動で被災者を救う!
能登半島地震・統合任務部隊31日間の記録

※統合任務部隊の記録としては31日間となる(1月2日~2月2日)

地震が発災した数時間後、大規模な火災が発生し、自衛隊は警察・消防と連携し、懸命な人命救助を行った 写真提供/防衛省

2024年1月1日16時10分。
最大震度7の巨大地震が石川県の能登半島を襲いました。
発災直後には、航空自衛隊千歳基地のF-15戦闘機などが被災地の偵察のために発進。

入間基地から小松基地まで消防車両の輸送を行う大型輸送機C-2 写真提供/防衛省

その後、石川県知事からの災害派遣要請を受け、本格的に災害派遣活動を開始し、翌2日に防衛省・自衛隊は統合任務部隊を編成、最大で約1万4000人態勢をもって、被災地で救難・支援活動を行いました。
2月2日には統合任務部隊を解散。

マモルでは、その32日間に自衛隊が何をしたかを記録しました。

被災地では、各部隊による支援活動が、今(3月6日現在)もなお続けられています。

珠洲市において患者輸送を行う空自小松救難隊の隊員たち 写真提供/防衛省

 

自衛隊射撃訓練の標的にロック・オン!

小銃射撃を行う陸上自衛隊の隊員 写真提供/防衛省

自衛隊には国を守るために、小銃からミサイルまで、さまざまな“飛び道具”があります。
どれほど道具が高性能でも、敵に当たらなければ用を成しません。
そこで、必要なのが隊員による射撃訓練です。
さらにその射撃訓練に必要なのが、標的。
陸・海・空各自衛隊では、それぞれどのような標的を使っているのでしょうか?
代表的な標的に照準を合わせ、“的を射た”説明とともに紹介しましょう。

高速標的機 写真提供/防衛省

 

その他の特集

収集漫画家やすこーんが自衛隊でコレクション?
激レアな自慢隊長を捜せ!

全国自衛隊の隊員食堂
「佐伯海自バーガー」 海上自衛隊 佐伯基地分遣隊

・Direction Paris 2024 みんなで応援しよう!
オリンピックを目指す自衛官アスリート

マモルの婚活

など、詳しくは本書にて!

 

防人たちの女神

川名 凜 in Utsunomiya

 

書誌情報

「日本の防衛のこと、もっと知りたい!」というキャッチコピーのもと、これからも自衛隊ファンに限らず、老若男女あらゆる世代の方に気軽に国防を学び、楽しんでいただける媒体を目指してまいります。

『MAMOR 2024年5月号 vol.207』

定価:630円(税込)

発売日:2024年3月21日(木)

※地域によって販売日はことなります。

 

購入サイト

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CMQ793WK

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/17816249


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001185.000026633.html


 

関連記事

  1. サバゲーのお供に!本物そっくりな薪ストーブ型のキャンドルホルダー「ちいさなまきストーブセット」が登場!

    2022-03-01

  2. 【第53回 静岡ホビーショー】東京マルイの新製品カタログが期間限定ダウンロード!6月1日まで

    2014-05-20

  3. 【新フィールド】8月1日(土)オープン!八王子駅から徒歩3分のインドアフィールド「BULLET FIELD 八王子Base」!

    2015-07-28

  4. サバゲでも使いたいフラッシュライトの老舗メーカー! SureFireが 2014年最新ビデオカタログ公開!

    2014-01-18





アーカイブ

ページ上部へ戻る