中東戦争航空戦1948-73、日本陸軍のロジスティクス、ナルヴィクの戦い…戦史ファン、歴史ファン必読の3大特集を掲載の「歴史群像」2月号が発売!

ワン・パブリッシングより『歴史群像2月号』が発売。
本号では、中東戦争航空戦1948-73、日本陸軍のロジスティクス、ナルヴィクの戦いの3本の特集記事を含め、歴史ファン、戦史ファンにぜひお読みいただきたい20本以上の記事を収録しています。

軍隊はどうやって大量の食料や弾薬を運ぶのか?

第一特集では、日露戦争期の日本陸軍の兵站システムがどのようなものだったのかを紹介します。
「兵站」とは最前線での作戦や戦闘を支えるための後方での活動のことで、主に食料や弾薬を中心とする物資や兵士の輸送とそれを担うシステムのこと。
どのような物資をどれくらい運んだのか。
輸送手段にはどのようなものが用いられたのか。
知られざるその実態に迫ります。

第二、第三特集ほか強力記事満載!

第二特集「イスラエル空軍vs.アラブ空軍 中東戦争航空戦1948-73~国家の存亡を賭けたライバル空軍の熾烈な戦い」では、両軍の装備と戦いの推移を軸に、4次にわたった中東戦争における航空戦の全容に迫ります。

このほか、第二次大戦前半に行われたノルウェーの戦略港をめぐるドイツ軍と連合軍の戦いを紹介する第三特集「ナルヴィクの戦い」、日本海軍の演習で発生した巡洋艦と駆逐艦の衝突・沈没事件を検証する「イラスト再現 美保関(みほのせき)事件」、チンギス・ハーンのモンゴル以前に登場した騎馬遊牧民の英雄とその広大な帝国形成の軌跡を描く「冒頓単于と匈奴帝国」、幕末、北海道にわたった幕臣たちがつくった箱館政権の実態を論じる「幻の「蝦夷共和国」」など、粒ぞろいの記事多数を掲載しています。

古今東西の人物・事象をテーマに毎号20本以上の記事を掲載!

人類の歴史は戦いの歴史でもあります。
「歴史群像」では毎号、戦いに関係するものを中心に、古今東西のさまざまな人物・事象をテーマとした20本以上の記事を掲載しています。
これらのテーマひとつひとつにドラマがあり、そして人間理解のヒントが含まれています。
小誌を通じて、改めて、歴史をより深く味わってみませんか。

商品概要


歴史群像2月号

定価:
1100円 (税込)

発売日:
2024年1月6日

ワン・パブリッシングWebサイト:
https://one-publishing.co.jp/

【本書のご購入はコチラ】

・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CQKHL51S/

・セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1250440022


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000715.000060318.html


 

関連記事

  1. 【必見!記者会見】STAP細胞騒動の小保方晴子さんが所属する理研って何?

    2014-04-09

  2. 国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘

    2017-07-24

  3. そのウイルス対策は間違い

    2017-02-04

  4. 米陸軍がスナイパーライフル『M110 SASS』×2,000挺・5ヶ年契約に向けた供給事業者を模索

    2019-09-06





アーカイブ

ページ上部へ戻る