TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2019.02.19

ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に


投稿者:ミリブロNews

SIG MCX用弾薬
Foto: dpa/Daniel Bockwo
This photo is for illustrative purposes only.
凶悪テロ事案への対策のために手配した新装備の運用が進むドイツ警察。しかしながらその出だしは前途多難な幕開けとなっている。

関連記事:
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送

日刊紙「ベルリーナー・ツァイトゥング」による、警察労働組合(GdP: Gewerkschaft der Polizei)が「シグ・サワー(SIG Sauer)製MCXライフルで使用する弾薬に、基準値を超える「鉛複素環化合物」を含んだ有毒ガスが発生している」と発表し、射撃訓練を見合わす事態となっている。

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ