TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALPICKUP! 2018.10.04

ARES トンプソン『M1A1 タイプ』&『Chicago タイプ』電動ガン


投稿者:ニャンコ郎

こんにちはニャンコ郎です😺

雨続きで予定している旅行の日の天候が心配です・・・😟 8月のキャンプも雨で中止になってしまったので、曇りでもいいからせめて雨だけは降らないで欲しいです。

さて今回はARES  トンプソンシリーズから2種をご紹介します。

禁酒法時代のアメリカで、警察とギャングの双方に用いられたことで有名となり、❝トミーガン❞ や❝シカゴ・タイプライター❞ の通称で知られる『トンプソン・サブマシンガン』を再現した電動ガンです。

第二次世界大戦においてサブマシンガンとして全軍に普及したことや、米国マフィアの抗争でもよく使用されたことなどから、映画やメディアで取り上げられることも多く、一般的にも知名度が高い銃です。

それではまず、M1A1タイプからいってみましょ~✊

ARES  トンプソン  M1A1 タイプ  電動ガン

こちらのモデルとなる実銃のM1A1は、米軍向けに改良されたトンプソンM1928A1をベースに、省力化と操作性向上のために改良された戦時省力生産モデルで、第二次世界大戦を通じて米軍で最も多く使用されたサブマシンガンです。

【 詳 細 】

  • ◆ 全長 : 約 811mm
  • ◆ 重量 : 約 3040g
  • ◆ マガジン装弾数 : 約 300発
  • ◆ 6mm BB弾使用
  • ◆ バッテリー配線はストック内 ※ バッテリーは付属しません
  • ◆ セミ ⁄ フルオート  切り替え可

レシーバーは金属製、ストック、グリップ、ハンドガード部はイタリア産のウォールナット材を使用。

また発射に合わせ疑似的にブローバックするエレクトリックブローバックアクション機能も有しており、外観以外もリアルな雰囲気が味わえます。

ストックは着脱可能なので、持ち運びの際にはコンパクトになって便利ですよね!

 

そしてこちらがChicagoタイプです。

ARES  トンプソン  Chicago タイプ  電動ガン

ギャング映画などでもよく目にするのが、ドラムマガジンと木製のフォアグリップが特徴的なこちらのシカゴタイプです。『アンタッチャブル』などにも登場しているので、トンプソンといえばこのシカゴタイプの印象が強いかもしれません。

【 詳 細 】

  • ◆ 全長 : 約 880mm
  • ◆ 重量 : 約 3860g
  • ◆ ドラムマガジン装弾数 : 約 1000発
  • ◆ 6mmBB弾使用
  • ◆ バッテリー配線はストック内 ※ バッテリーは付属しません
  • ◆ セミ ⁄ フルオート  切り替え可

M1A1タイプ同様にレシーバーは金属製、ストック、グリップ、フォアグリップはウォールナット材を使用し、エレクトリックブローバック機能も有していますので、ゲームで使用すれば、まるで映画の世界にいるような雰囲気を味わえそうですよ!

もちろんストックの着脱も可能です。

みなさんはノーマルで落ち着いたM1A1タイプか、インパクトある外観で目立つシカゴタイプか、どちらがおこのみですか?

商品のご予約は下記をクリックしてください👇

 

 

, ,

WRITER PROFILE

ニャンコ郎

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ