「サイレンサーで実射性能は変わるのか」アメリカ海兵隊が実験動画を公開


銃口に取り付けると音量が小さくなる代わりに命中精度や弾速が落ちる……サイレンサーに関するこんな「常識」について、アメリカ海兵隊が実験動画を公開している。

動画では弾速計を用いて、サイレンサーを装着した場合とそうでない場合の弾速を比較。結果、サイレンサーを装着しても弾速は変化しないということがわかった。音量をより小さくするために亜音速弾を使用した場合は影響があるが、そうでなければ大きな変化はないという。

最近、アメリカ海兵隊ではサイレンサーの大量導入を検討しており、先日は第2海兵師団第1大隊B中隊の全員がサイレンサーを装備してノルウェーへ派遣されたばかり。

実証実験ではサイレンサーを装着することで、肉声での指示が通りやすくなってより広く間隔をとれる、耳を傷めにくい、奇襲の効果が上がるなどのメリットがすでに確認されている。使用されているSureFire社製のサイレンサーにも大きな問題が発生していない。しかしながら海兵隊全体に装備させるには、70万ドル(約7800万円)という費用がかかると予想されており、財政緊縮の折、これをどうクリアするかが課題となる。

「ミリブロNews」で続きを読む

[amazonjs asin=”B01MT75WT2″ locale=”JP” title=”ORGA Magnus Barrel 6.23mm 東京マルイVSR-10用 430mm ORGA-MB430VSR”]

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

投稿者記事

  1. L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始

    2020-02-29

  2. 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出

    2020-02-29

  3. ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入

    2020-02-28

  4. メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している

    2020-02-28

関連記事

  1. NYPDが14機のドローンを導入

    2018-12-08

  2. 本当に光る! カラコルム「Mk.141 フラッシュバン レプリカ」は閃光手榴弾の超よくできたレプリカ!

    2013-11-08

  3. グロック用コンバージョンキット「Hornet M25」がAvatar Universeより間もなく登場、プレオーダー開始

    2019-11-29

  4. ノーベルアームズから日本人の顔型に適合するESS製「クロスブレイド」が新発売

    2017-12-12





アーカイブ

ページ上部へ戻る