アーカイブ: 2017年10月

米陸軍が「XM25」遮蔽標的対処交戦システム計画のオービタルATKとの契約を打ち切りに


U.S. Army photo by Staff Sgt. Steve Cortez/ Released
米陸軍の「XM25」遮蔽標的対処交戦(CDTE: Counter Defilade Target Engagement)システムの計画が潰えていたことが明らかとなった。

米国の大手軍事情報サイトであるミリタリードットコムの記者、マシュー・コックス(Matthew Cox)氏が取材活動の中で、「陸軍は、契約条件で指定していた製品20挺の納品が成されていなかったことを理由に、オービタル(Orbital)ATKとの契約を4月5日の時点で終了していた」と明かしている。「ミリブロNews」で続きを読む

アメリカ陸軍が7.62mm口径の分隊選抜射手小銃(SDM Rifle)購入を計画中


Photo by Petty Officer 1st Class Martine Cuaron
This photo is for illustration purposes only.
長い射程と高い精度を用いて、前進する歩兵の援護をおこなう分隊選抜射手小銃(SDM Rifle)について、アメリカ陸軍が新たに購入を計画している。

分隊選抜射手小銃は屋内でも取り回せるコンパクトさがメリットである。高い命中精度で敵の機関銃手や通信兵などの高価値目標を遠距離から攻撃しつつ、時には歩兵と共にCQBも行うことが想定される。また歩兵用小銃と見た目が類似していることも重要である。軽機関銃や狙撃銃は遠目に目立ち、ターゲットになってしまいがちだからである。「ミリブロNews」で続きを読む

「P320ピストルには当社の特許が無断で使用されている」ステアーが米陸軍のM17に決まったシグを相手に提訴


Image via Google Patents
米陸軍の次期制式採用ピストル「M17」に決まったシグ・サワー社(SIG SAUER INC.,)を相手に、シュタイヤー・アームズ社(STEYR ARMS, INC.,)が3日付で、同社の保有する特許権(US6260301 B1)が侵害されたとして、アラバマ州北地区の裁判所に訴えを起こしていたことが分かった。「ミリブロNews」で続きを読む

SIG P320最初の支給先は陸軍第101空挺師団に


Photo from 101st Airborne Division (Air Assault)
This photo is for illustration purposes only.
米陸軍の次期制式ピストル「M17」を決める「MHS(Modular Handgun System)」コンペに選定されたシグ・サワー社のP320。その最初の支給先が「第101空挺師団」になることが決まった。

関連記事:
米軍の次期制式拳銃「XM-17」選定コンペに対しグロック社がやり直しを請求「ミリブロNews」で続きを読む

ロッキード・マーチンが次世代型軍用ヘリ「SB1デファイアント」のCGアニメーションを公開


現在、各航空機メーカーが参加しているFVL(将来型垂直離着陸機)計画は、老朽化が進む各種輸送・攻撃ヘリコプターを共通のベース機で一本化しようという試みである。

関連記事:
米陸軍の回転翼機三種 (UH-60、AH-64、CH-47) のリプレイスを図る次世代ヘリコプター計画「ミリブロNews」で続きを読む

「文武両道」米海軍特殊部隊SEAL出身、現職ミズーリ州知事エリック・グレイテンズ氏がSWAT競技会に参加


米国の警察系特殊部隊SWATの隊員らが、日頃の鍛錬の成果を競い合う「SWAT競技会」に、「海軍特殊部隊SEAL出身」の肩書を持つ現職の州知事が招待され、自らも果敢にチャレンジした際の映像がFaceBook上に投稿された。

関連記事:
戦場から政治の世界へ、元 SEAL 隊員 3 名が選挙に当選「ミリブロNews」で続きを読む

防水・堅牢と太陽光充電ビルトイン設計を併せ持った世界で唯一のモッシオーク迷彩スマホケース「SLXtreme 7」


Photo from SnowLizard

米フロリダ州マイアミに本社を置き、モバイルアクセサリー製品を手掛けるスノーリザード(SnowLizard)から、アウトドアシーンで活躍間違い無しとなる迷彩柄のiPhone 7用防護ケース「SLXtreme 7」が新発売。価格は149.99ドル(=約17,000円)。「ミリブロNews」で続きを読む

アーカイブ





ページ上部へ戻る