TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター

手元に1冊ぜひほしい! 資料として役立つ「最新 軍用銃事典」のススメ


投稿者:乾 宗一郎

ミリタリー好きに限らず、手元に置いておきたいのは事典的な本。
ちょっと調べ物をしたい時や気になったことの確認など、Webで検索するより手早く確実な情報が得られると助かります。
しかし、書店に行くとさまざまな書籍やムックがあり、どれを選べばいいのか悩ましいですね。

そんな時にオススメしたいのが並木書房の「最新 軍用銃事典」です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


オールカラーで全559ページ
柄幅は30mmもあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中身は
「ピストル」
「ライフル」
「サブマシンガン」
「スナイパーライフル」
「マシンガン」
「ショットガン」
「グレネードランチャー」
「アンチマテリアル、ロングレンジスナイパーライフル」
と8つのカテゴリーに分類され、国ごとに1機種1~2Pで詳細に解説されています。
これで気になった銃のスペックを調べたり、外観をチェックするなどの作業がはかどりますね。

また、普通に読むだけでも聞いたことのないようなマイナーな銃器が登場するので、カタログ的な読み物としても楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その厚さと重さ、そして値段(本体4700円!)で尻込みしてしまうかもしれませんが、これが1冊あればほとんどの疑問の答えが見つかるはず。
マニアを自称するなら、ぜひ本棚に1冊置いて、常々チェックしておきたいものです。

  • 判型: A5版
  • ページ数:559ページ
  • 出版社: 並木書房
  • 著者:床井雅美
  • 価格:本体4700円+税

[amazonjs asin=”4890633030″ locale=”JP” title=”オールカラー最新軍用銃事典”]

, ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ