TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
SPECIAL解説 2016.11.10

【コンバットマガジン】パワーソースについて真面目な考察

LINEで送る

投稿者:やまだ ぞんび

Sponsored link

エアソフトガンに使用するパワーソース

 文・写真 taku

エアソフトガンがBB弾を撃ち出すために必要なのがパワーソースである。パワーソースというのは、その名の通り力の源であり、これがなければエアソフトガンは動かない。
エアソフトガンのパワーソースには複数あるが、大きく分けて「エア」か「ガス」に分類される。全てのエアソフトガンが、このどちらかのカテゴリに当てはまるのだ。
今回は、パワーソースの中でも代表的な3つのカテゴリについてハナシをしよう。

【エア】

002
最もシンプルで代表的なモノが「エア(空気)」である。エアソフトガンの名前の語源にもなっている事からも判るように、トイガンのパワーソースとしては最も古い。
本体内にあるシリンダ内に空気を圧縮し、その圧力によってBB弾を飛ばす。シリンダの長さやスプリングの強さ、圧縮の仕方によってパワーが異なる。メカニズムがシンプルなため、小型化が容易でメンテナンス性にも優れているのが特徴だ。
ラインナップの幅は広く、低年齢層向けから高精度なハイエンドモデルまで発売されている。中でもボルトアクションライフルは、サバイバルゲーマーから精密射撃競技まで愛用者は多く、サードパーティから発売されているパーツも多い。

006
エアコッキングガンにバッテリー駆動のモーターを内蔵し連射性を高めたのが電動ガンである。全く新しいジャンルとして紹介される事も少なくないが、エアコッキングガンを進化させたモノが電動ガンとなるため、発展形と位置付ける場合もある。
使用するのがエア(空気)なので、気温や湿度の変化に強く、年間を通じて常に安定した性能を発揮してくれる。先にも述べたように構造がシンプルなため、銃全体の精度を上げやすい事から、命中精度に優れたモデルが多い。
1発毎にピストンをコッキングしなければならないため、ガスガンに比べて連射性能は劣るものの、遊び方次第では充分に楽しめる。
この他に、ガスガンなどの外部ソースとして使用するエアタンクというアイテムもある。気温の変化に敏感なガスガンのサポートアイテムとして、マガジンやガスタンクなどにホースで取り付ける事でガスの代わりとして使用する。最近はあまり見かけなくなったが、スピードシューティングの分野では、いまだに現役として活躍している。

【ガス】

Sponsored link

001
本体またはマガジン内に設けられたタンク内にガスを充填し、その解放時の圧力を利用してBB弾を撃ち出す。
気温の変化には敏感なものの、コッキングの必要がなくトリガーを引くだけで連続して弾を撃ち出す事が出来る。セミオートはモチロン、フルオートのSMGやアサルトライフルといった幅広いジャンルのモデルに採用されている。
構造のシンプルなフィクスドスライドモデルの他に、実銃同様のブロゥバックアクションを楽しめるガスブロゥバックモデルもある。
使用するガスは、クーラーや冷蔵庫の冷却用触媒としても知られているフロンガス。20年ほど前まではフロン12が主に使われていたが、環境破壊が問題となったため、自然環境に影響の少ない134aや152aが使われている。ただ、これらのガスも環境に与える影響が問題視されている事から、メイカー各社では代替ガスの研究が続けられているという。
134aは12と比べても大きな違いがなく、比較的安定しているのに対して、152aは価格的に安くてピークパワーは高いが、温度変化による圧力の上下が激しく、少々扱いの難しい傾向がある。また、ガス自体に腐食性があるため、ガスを入れたままにするとパッキンが腐食してしまいガス漏れを起こす事がある。こういった事から152aの使用はオススメしない。価格的に少々高くても134aを使う方が良いだろう。

【CO2】

003
フロンガスと比べて環境に与える影響が少ないため、海外では新しいパワーソースとして使われているのがCO2だ。
フロンに比べて圧が高く、専用のレギュレイターを装着して適正圧力まで下げて使用する。日本国内ではガスガン全盛の頃こそ広く使われていたが、現在はスピードシューティング競技などのユーザーが、グリーンガスという名称の外部取り付けタイプのモノを使用しているくらいで、あまりメジャーではない。
近頃は、海外製のモデルを日本仕様にして販売しているところもあるようだが、場所によっては使えない場合もあるし、調整が必要になる事も少なくない。見た目こそ国産モデルと変わらないクオリティだが、耐久性や精度の点では、雲泥の差がある。モチロン、全ての製品がそうではない。しかし、多くがそうである事を考えると、割と難しいパワーソースではある。

004

以上がエアソフトガンの代表的なパワーソースである。それぞれがぞれぞれに特性を持っているので、用途に合わせて色々なモデルを試してみて欲しい。

さばなびエアソフトニュース

1.First on Webのアウトレットが熱い!

2.最新!格安!話題の外装ドレスアップ製品!

3.LCT AKシリーズが充実!

4.UNIONがユニオンワールドをスタートするぞ!

WRITER PROFILE

やまだ ぞんび

やまだ ぞんび

長い歴史をもつミリタリー雑誌『コンバットマガジン』のチームの一人。人生のモットーは「いきなりホームランを打てるバッターなんていない」。徐々に徐々に着実...

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link