TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2019.08.13

米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始


投稿者:ミリブロNews

次世代分隊火器(NGSW)
Photo by Staff Sgt. Christopher Ruano
This photo is for illustrative purposes only.
現在のM249分隊支援火器、M4/M4A1自動小銃の後継として、アメリカ陸軍が現在開発を進めている次世代分隊火器(Next Generation Squad Weapon…NGSW)について、責任者のポール・オストロウスキ中将がアメリカ合衆国上院軍事委員会の空陸小委員会にて報告した。
NGSWは2019年1月、各メーカーに対しプロトタイプ提出を募集。5月中には締切り、7月には評価テストを通じて3社に絞り込む。その後更に性能テストが行われ、2021年第4四半期には部隊での配備テストが開始される見込み。

関連記事:
米陸軍弾薬工場(LCAAP)が新型『6.8mm口径弾』大量生産受けれ入れのための準備を計画

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ