TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2019.01.27

重いボディーアーマーは兵士のパフォーマンス低下に影響。携行物の適正な最大重量は50ポンド


投稿者:ミリブロNews

ボディーアーマー
Photo from Army Public Health Center (APHC)
敵の攻撃から身を守るための「ボディーアーマー」は、有史以来絶え間なく改良が重ねられてきたアイテムの1つ。かつてシベリアの遺跡では少なくとも3,500年前からその存在が確認され、鈍器や刃物といった直接攻撃への対策としてはじまるも、それらはやがて弓矢や火器といったより長射程から狙い撃てる武器への対抗装備へと進化を重ねている。

現代戦争に目を移すと、ボディーアーマーは人類がこれまでに獲得してきた英知を結集させ、あらゆる分野の最先端テクノロジーにより造り上げられるも、兵士の損耗を低下させることを追求した結果、その負荷重量が超過し大きな支障をきたし始めている。

関連記事:
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む