インド陸軍

インド陸軍が米国製小銃を取得予定。シタラマン国防大臣がSIG Sauer製品×73,000挺の調達を承認

U.S. Army photo by Sgt. Michael J. MacLeodThis photo is for illustrative purposes only.インド陸軍の歩兵部隊において、73,000挺のアサルトライフルを調達するという長年の提案について、国防省が「米国製品」を火急に取得することで調整を図ったことが明らかとなった。「ミリブロNews」で続きを読む...

「国営造兵工廠(OFB)のアサルトライフルは欠陥が多過ぎる」インド陸軍が提案を却下


インド陸軍は、AK-47とINSAS(Indian National Small Arms System)からのリプレイスを狙った国営造兵工廠(OFB: Ordnance Factory Board)による国産ライフルの製造を、「品質面での問題がある」ことを理由に拒否した。6月中旬に実施されたテストの中で、OFBが提出したライフルは、軍の要求する基準を満たさなかったことが原因として挙げられている。

関連記事:
インド陸軍が次世代アサルトライフル取得計画を再起動「ミリブロNews」で続きを読む

インド陸軍が次世代アサルトライフル取得計画を再起動


Photo: U.S. Army Alaska
Image is for illustration purposes only.

インド陸軍の次世代アサルトライフル取得計画が再起動する。国内経済紙のエコノミック・タイムズが 28 日に伝えている。

故障の多いことで悪評高い、国産 INSAS (Indian National Small Arms System) 5.56×45mm ライフルのリプレイスを図るもので、陸軍では殺傷能力が高い7.62mm x 51mm を使うアサルトライフルの取得を目指す。

関連記事:
インド陸軍、カービン選定の最終トライアルを開始。ARX-160、Colt M4、IWI Galil Ace が候補「ミリブロNews」で続きを読む

アーカイブ





ページ上部へ戻る