TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
NewsCOLUMN 2018.03.14

石井健夫氏直伝!初心者でもよくわかるシューティング講座「ハンドガンおさらい編」


ちょっとご無沙汰してしまいました、サバイバルゲーマー諸氏にオススメするシューティング・マッチの記事です。前回まではライフルとハンドガンを使用する2ガンマッチ「エリート・オペレイターズ」についてご紹介してきましたが、「ハンドガンは銃が軽くて小さいので素早く振り回せる、という利点がありますが、両手だけで構えますので「4点支持」のライフルよりもずっと不安定で、遠くの標的を静かに狙い撃つ能力、という点ではライフルに比べてかなり不利」と書きました。そして「カスタムしていないノーマル(に近い状態)のハンドガンの使いこなし、というのは、じつは生易しい事ではないのです」とも。


5月末頃には全国各地から多くの参加者を集める「アンリミテッド」という大会があり、また今年も8月26日(日)に開催が決定していますが、スピードシューティングの最高峰ジャパン・スティール・チャレンジという試合があります。これらは「5枚の鉄板をいかに速く撃ち終えるか?」を競うスティール系マッチなのですが、こうしたメジャーな大会にもちゃんと、ノーマルのフォルムを留めた一般的な形のハンドガンで競う「タクティカルクラス」もしくは「スタンダードクラス」が設けられています。
こちらの写真はそんなタクティカルクラスで日本最強と呼ばれるシューター、イマムラ ユウジさんです。


標的が近い、あるいは大きい時は良いとして・・・・・・・


アイアンサイトで遠くの小さな標的を狙うのはナカナカに手強いものがあります・・・・・・。
<次回に続く>

WRITER PROFILE

やまだ ぞんび

やまだ ぞんび

長い歴史をもつミリタリー雑誌『コンバットマガジン』のチームの一人。人生のモットーは「いきなりホームランを打てるバッターなんていない」。徐々に徐々に着実...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ