TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【さばなび写真部】フィールドでの記念写真をスマホでカッコよく撮りたい!

デジカメではなく手軽なスマホでの撮影を追求する「さばなび写真部」
今回はサバゲフィールドでの記念撮影をテーマにしてみました。

サバゲに参加する時、かさばる一眼デジカメを持っていかず、「記念写真くらいだから手持ちのスマホで十分」という人がほとんどではないでしょうか。
実際、最近のスマホのカメラ機能はちょっとしたもの。ソフト的な処理や各種アプリもあり、普通に撮る限りはレベルの高い画像が手軽に得られます。

そこで今回は「こうやって撮ったらカッコよく見える」「この角度からだとかわいく撮れる」などのテクニックやコツをまとめてみました。
ゲーム中ではなくセフティでの撮影がメインとなりますが、もっとも多く撮るであろうこのパターンを覚えておくとイロイロ応用できますよ!

人物をカッコよく撮りたい!
まずは自分ではなく他人を撮るパターンから。仲間内で「今日はこんなスタイルでした」という記録写真的な感じでしょうか。

まずは1人の場合、こうやって撮る人が多いと思います。
51
立った状態でスマホを構えてピロリーン♪
で、それで撮れたのがこれ。
52
特に問題ないしコレでいいじゃん!と思いますが、スマホのレンズが広角気味なのは前回述べた通り。
どうしてもアタマが大きく強調されてしまいます(大きなモコモコの帽子を被っていますがw)。
周囲の余白も広くなるので、気になる人には気になっちゃうかもしれません。

そこでスマホを撮る位置を若干下げてみましょう。
53
地面にヒザをついたくらい、腰の位置くらいの高さですね。
これだと・・・
54
立って撮った時よりも自然に写りました。
上半身と下半身がバランスよく見えると思いますがいかがですか?

ついでにもっと下から、見上げるように撮ると・・・
55
手首を地面に置くようなイメージです。
相手が女性でスカートだとアレですが、スカートでサバゲをする人はいないと思うので問題ないかと・・・(たぶん)。
撮れた写真はこのようになります。
56
どうでしょう、足が長く見えませんか?
その分、顔が小さくなってしまいますが、逆にいえば小顔+足長効果でスタイルよく見せられるかもしれません。

ではここで、上記の3パターンを並べてみましょう。
57
余白を切っていますが、「どれがいい?」と聞くと、多くの人は真ん中を選ぶと思います。
ということで「立膝の位置で撮った写真」がオススメになるわけです。
立ち姿の写真を取る時は、ちょっと低めの位置から撮ることを試してみて下さい。
ちなみに、フィギュアやガンプラを撮る時にも応用できますよ。

人物撮影でもズームを活用しよう!
前回の「ハンドガンの撮り方」でもやりましたが、人物も遠くから望遠レンズで撮った方が歪まず余白もカットできて見栄えよく仕上がります。

立った状態で先ほどの位置より数m下がったところからズーム機能を使って撮ってみましょう。
58
あまりズーム(拡大)しすぎないくらい、画面の中で二回りくらい拡大すると・・・
59
歪みがなく肉眼で見た状態に近い自然な仕上がりになりました。

同様にズームで低い位置からも撮ってみると・・・
60
うーん、あまり変わりませんね。
61
離れた位置から望遠気味で撮る時は、普通に立って撮っても問題ない気がします。
61-2
どちらも自然に見えますよね?

上からナナメに撮り下ろしてみよう!
お次は人物撮影ならではのテクニックで、女性がよく自撮りでやってるのと同じ撮り方。ズームせずナナメ上から撮るというやり方です。
62
この撮り方は顔が大きく写せるので記念写真に向いています。特に女性にオススメ!
まずは普通上から撮ると・・
63
上半身でうまく切るようにするとこんな感じになります。

さらに、スマホを傾けてナナメに撮ると・・・
64
余白が減って収まりがよくなりました。顔を上に向けるので明るく写せるのもいいですね。

この撮り方は数人で撮る場合にも応用できます。
例えば2人並んで撮る場合。
65
高い場所からナナメに撮ったものです。
間にスキマがあると仲が悪そうに見えるのでしっかり寄ってもらうことと、手に持つエアガンをよく見える角度に向けるのがポイントです。
女性であれば、ややうつむきで上目遣いにしてもらうと萌え度もアップ!
なお、上から撮る時はスマホの液晶画面が見にくくなるので、余計なものが写り込んだりしないよう注意しましょう。

ちなみに下から見上げて撮るとこんな感じに。
66
まぁ、これもアリでしょうか。顔はアゴを引いてもらいましょう。

-----------------------
このように、人物を撮る時にもズーム機能は役に立ちます。
SNS投稿用の楽しげな写真も、仲間のスタイリングを記録写真風に撮る場合でもそれぞれ応用できると思います。
次のサバゲでは、ぜひいろいろ試して撮影してみて下さい!

●モデル
戦え!!ぴっちょりーな☆
公式ブログ
まなみ

※本記事は過去記事の内容を基に校正しています (2018.03)

, , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ