TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【さばなび実験部】第4回~インナーバレルを短くすると初速は下がるのか?

エアガンやサバゲにおけるさまざまな疑問を実際に試してみる「さばなび実験部」
素朴な疑問から特殊なテストまで、可能な限り検証してみます!
今回のテーマは「バレル長の変化による初速の変動」をチェックします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電動ガンに限らずエアガンでは、ライフリングのないインナーバレルでBB弾を滑空・加速して撃ち出します。
理屈ではインナーバレルが長いほど長時間加速されるので初速が上がりそうですが、実際は押し出す空気の量(シリンダー容量)との兼ね合いもあってそうはなりません。
もしインナーバレルの容積がシリンダー容量以上になるとBB弾を後ろ向きに引っ張る力が発生して、初速が下がってしまうわけです(一部例外はあります)。

というわけで、今回は加速ポートのないフルシリンダーとさまざまな長さのインナーバレルを組み合わせて、初速がどう変化するのか調べてみました
実験ではすべて同じ電動ガン+チャンバー+バレル使い、インナーバレルだけどんどん切り詰めていきます。BB弾はG&G製の0.2gのものを使いました。

まず、用意するのはフルシリンダーを組み込んだM4(AR)の電動ガン。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ピン1本でアッパーが外れ、チャンバー+バレルがすぐ引き抜けるのが便利です。
何回か記事に登場したプチ流速仕様(ヘビーピストンヘッド+M80スプリング)ですが、HOPチャンバーとインナーバレルをこの実験のために組み替えてあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
インナーバレルはKM企画のもの(長さ500mm、内径6.04mm)を随時カットして、その都度初速を計測します。
チャンバーはHOP調節がやりやすいprowinのもの。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
HOPパッキンとクッションゴムは東京マルイのノーマル品を組み込んでみました。
初速計はクローニーのM1を使用。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これでヴァルハラ サバイバルゲームフィールドの広いシューティングレンジをお借りして実験開始です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

01:バレル長500mmの場合OLYMPUS DIGITAL CAMERAまずはそのままカットせずに500mmの状態から。ノーマルのM14はこの長さです。インナーバレルがニョキッっと突き出ていますがガタツキはありません。OLYMPUS DIGITAL CAMERA適正HOPに合わせてから初速を測ったところ結果は92m/s
もう一段階強いスプリング(M90)だったら規制値をオーバーしそうな勢いでした。

 

02:バレル長455mmの場合
ここからはバレルをカットして長さをツメていきます。OLYMPUS DIGITAL CAMERAメジャーで測った位置をサンダーでギャーン!と切断!OLYMPUS DIGITAL CAMERA切断面はゴリゴリに荒れているので砲弾型のハイスビットで滑らかにして、バレル内に入り込んだ切粉はしっかり除去します。
これで455mmの長さ(AK47サイズ)になりました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA結果は88m/s
5cmのカットで4m/sの低下という結果は果たしてどうなんでしょうか。

 

03:バレル長364mmの場合
次に一気に90mmほどカットして364mmにしてみました。M4カービンでおなじみのサイズですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すると初速は86m/s。けっこうバッサリ切ったのに全然低下しません!
シリンダー容量とバレル長がちょうどよく釣り合っている状態なのかもしれませんね。

 

04:バレル長300mmの場合
先ほどの状態から64mm短くした300mm、M733とかトンプソンがこの長さです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この初速は83m/sでした。
やはり切った長さの割には初速の落ち込みが少ないように感じます。
うーむ、まだ安定領域内なのでしょうか。

 

05:バレル長247mmの場合
今度は53mmカットして247mmにしてみました。G36CやP90の長さです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
すると初速が77m/sに。
おぉっ、やっと70m/s台に突入です。

 

06:バレル長110mmの場合
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最後は110mm(MP5Kサイズ)にするべく、一気に140mmほど切ってみました。
初速は・・・57m/s
さすがにバランスが良くないのか、初速は大きく低下しました。
これ以上は切れないので、ここで実験は終了です!

 

まとめるとこうなりました。
915
加速ポートのないフルシリンダーでは400mmあたりの長さがちょうどよくマッチしているのではないかと思えました。

内部をカスタムする人であれば、最後の微調整でバレルをカットすることもあると思いますが、このように釣り合った長さだと、ちょっと切ったくらいでは「全然初速が落ちない!」ということがありえるわけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
電動ガンのバレル長と初速の関係は非常に微妙なものがあり、「必ずこうなる!」とは一概にいいきれません(おおまかな傾向はありますが)。
今回のテストがカスタマイズの参考になれば幸いです。

 

取材協力:ヴァルハラ サバイバルゲームフィールド
とにかく広く、バリケード配置のバランスがいいフィールド。
今回お借りしたレンジもゆったりとした作りで最大50mまで撃てます。

 

装備協力:x115xTaylor
撮影で使用したのはC88チェストリグ(BW)になります。

 

モデル:清水ほたる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さばなび実験部第一号の部員として実験チャレンジしてくれるほたるちゃん。
秋葉原&六本木にあるコンセプトカフェ&バー「B-cats」で会えます!

※本記事は過去記事の内容を基に校正しています (2018.02)

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ