TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALエンタメ 2018.01.24

【実銃ネタ】Crye Precisionのショットガン「SIX12」の公式ムービーがシュールすぎてネタにしか見えない件。


投稿者:乾 宗一郎

501
2014年のSHOTShowで装備メーカーのクライ(Crye Precision)が突如発表したのが「SIX12」。リボルバーのようなシリンダーを持つブルパップショットガンです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スタンドアロンで撃てるだけでなく、ブリーチングショットガン(カギを撃ち抜いてドアを開けるためのショットガン)としてレイルスロットにアンダーマウントも可能。
10.5~16インチのARを中心に各種ライフルに装備できます。

市販はまだですが、クライ公式のデモムービーがYouTubeにアップされて話題となっています。

SIX12 2015 (2:25)
YouTube Preview Image

2分半ほどの動画ですので、ぜひ見てみて下さい。特に音量OFFだとめちゃくちゃシュールです。

まずは10.5インチARのアンダーマウント
502

そして単体運用のスタンドアロンバージョン。
503

さて、ここからが注目。
ズラッと並んだドアを端からブリーチングして蹴破っていきます。
504
ドア並びすぎw
54
何かの修行のようです。

途中でマガジン(シリンダー?)交換もあります。
505
そしてまたブリーチング。ご苦労さまです。

最後に「こんなにシンプルなんだぜ!」という紹介もあり。
506
工具は(ほとんど)ナシでサクサク分解組み立てしています。

スタンドアロンバージョンもかっこいいですね。
507
デザインも近未来的なので、SF映画や海外ドラマなどに登場して注目を集めるかもしれません。

実銃もまだリリースされていないのに言うのもアレですが、これはエアガン化してほしいですね。シリンダーをマガジンとした複数発射のガスセミオートとか、電動ガンなら超ハイサイクルのバーストショット専用モデルなどなど。
いろいろと期待できそうなので、各メーカーさんぜひお願いします。

※本記事は過去記事の内容を基に校正しています (2018.01)

, , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ