TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.12.04

米大学研究チームが「巻貝の貝殻」に隠された3層構造の秘密を使って新たなヘルメット・ボディーアーマーを研究中


投稿者:ミリブロNews

米国屈指の名門大学であり、工学分野で世界最高峰として名高いマサチューセッツ工科大学(MIT: Massachusetts Institute of Technology)の研究チームが、巻貝の貝殻(conch shells)の三層構造にヒントを得た防護ヘルメットやボディーアーマーの研究を進めている。

巻貝の貝殻を模した幾何学構造を使った実験では、最も強度のある素材よりも亀裂伝播に対する耐性は185%、従来の繊維複合素材と比べても170%も優れていたという。

ヘルメットやボディーアーマーといった製品に落とし込むには、衝撃に対する抵抗能力である「強度(strength)」と、衝撃エネルギーの分散能力である「強靭性(toughness)」の両方が求められている。

本研究は、海軍研究局(US Navy Office of Naval Research)、国家防衛科学工学大学院生(NDSEG: National Defense Science and Engineering Graduate)、国防大学研究計測プログラム(DURIP: Defense University Research Instrumentation Program)、兵員ナノテクノロジー研究所(ISN: Institute for Soldier Nanotechnologies)と、カナダ自然科学工学研究会議(NSERC: Natural Sciences and Engineering Research Council of Canada)による支援の下で進められている。

関連記事:
ヘリンボーン (herringbone) 構造を解明、シャコ類の捕脚に倣う次世代アーマーに向けた超強力素材

「ミリブロNews」で続きを読む

, , ,

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ