TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.12.01

3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画


投稿者:ミリブロNews


金型を使った鋳造や、旋盤・フライス盤による切削加工、プレス機を使った鍛造など武器を作るにはいくつかの方法があるが、いずれも時間と専門的な知識が必要である。

これに対しアメリカ軍RDECOM(研究開発コマンド)は研究機関・民間企業と共同で「Additive Manufacturing(加算的製造)」つまり3Dプリンターによる製造プロセスを研究しており、先日、初の3Dプリンタ製グレネードランチャー「RAMBO」を完成させた。

RAMBOはバネとネジ以外のすべてのパーツが3Dプリンタで製造されている。粉末をレーザーで溶かして固める「レーザー焼結方式」などを用いて約50点のパーツのうち91%の部品を35時間で同時出力できる。

とはいえ、材質の関係で3Dプリンターで出力できないパーツもある。例えば弾体はライフリングに食い込ませるため柔らかい亜鉛でなければならないが、3Dプリンターでこれを出力することができない。樹脂のスリーブをスチールの弾帯に巻きつけるなどの方法が試されたが、3Dプリンターで作ったワックスの原型を使い、ロストワックス方式での鋳造が採用された。

関連記事:
米陸軍が3Dプリンターで製造されたグレネードランチャー「RAMBO」をテスト

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ