TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.11.29

米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介


投稿者:ミリブロNews


Photo Credit: U.S. Army
第2回目となる隔年開催の米国防総省装備展示イベント(DoD Lab Day 2017)が18日にペンタゴンでおこなわれ、最新技術の投入された100以上のディスプレイが紹介された。その中で、陸軍の通信用電子機器研究開発センター (CERDEC: Communications Electronics Research, Development and Engineering Center) が「戦術拡張現実(TAR: Tactical Augmented Reality)」と呼ばれる新技術を紹介している。

ヘッドアップディスプレイの要領で利用するTARは、アイピース(接眼レンズ)にイメージが投影されるため、兵士はNVGがマウントされているのと同じく、ハンズフリーで利用できる。もちろん、夜間でさえも利用でき、着用者は眼前に広がる地形に対して、統合化されたマッピング、ナビゲーション、3Dサーフェスモデルを備えたセンサ画像によって、より多くの必要な情報を得ることができるようになる。それによって、作戦遂行時の能力改善と兵士の生存性向上を狙っている。

現在のところ、殆どの兵士が自身の大まかな居場所を把握するために、携帯型のGPS装置を持っているが、TARを利用することでいちいちGPSを見るために装置を取り出す必要がなくなる。

関連記事:
米空軍研究所、国防総省が初主催する装備展示イベントで「バットマン」を披露

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ