TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.11.18

19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売


投稿者:ミリブロNews


Photo from Crook.com.ua

19世紀末に生まれ、第二次世界大戦中は東側諸国の小銃として活躍、その後も世界各地の武装勢力によって使われているモシン・ナガンM1891/30。実に100年以上前に作られたこの銃をモダンなライフルに変身させるストックをウクライナの企業が製作した。

モシン・ナガンM1891/30は第二次世界大戦中に大量に生産された7.62mm×54R口径のライフル。狙撃にも使える精度と単純で頑丈な構造、そして何より安いことからアメリカでは愛好家の多いライフルである。現在は300ドル(約3万3千円)ほどだが、100ドル(約1万1千円)で買えたこともある。

ピストルグリップはAK用、AR用を使用。ハンドガードはM-LOKとKeymodを指定できる。セラコート仕上げとなっており黒、タン、グレーの他、特注で他の色を選ぶことも可能だ。

「ミリブロNews」で続きを読む

,

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ