TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.11.18

米軍特殊作戦司令部が次世代スナイパーライフル用の光学機器を計画。先進狙撃銃(ASR)と関連か?


投稿者:ミリブロNews


Photo by Lance Cpl. Charles Santamaria
This photo is for illustration purposes only.

米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: United States Special Operations Command)が、4月28日付け連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公告を通じて、次世代スナイパーライフルでの長距離射撃を支援する「精密可変倍率スコープ/精密照準レーザー(P-VPS/PAL: Precision Variable Power Scope/Precision Aiming Laser)」計画に関する情報依頼書(RfI: Request for Information)を発出した。

応答者に対して、5月31日までの期限が設けられている。

重量は4ポンド(=約1.8キログラム)以下で、ピカティニー規格レイルでの取り付けを可能とし、実射2,000発の耐久性能を持つことが求められている。また、非反射カラーで、66フィート(=約20メートル)の浸水に2時間耐える防水性を持ち、ズームに合せてレティクルの大きさが変わるファーストフォーカル(FFP: First Focal Plane)方式とし3~25倍率であることが示されている。

SOCOMは同月の6日付で「先進狙撃銃(ASR: Advanced Sniper Rifle)」の正式取得に向けた情報依頼書を発出していることからも、今回のRfIがそれに向けたものであることも考えられる。

「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ