TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.11.15

米軍特殊作戦司令部が、イラク・シリア等の武装組織への供給用に旧ソ連製機関銃の自国生産を計画


投稿者:ミリブロNews


DoD photo by Staff Sgt. Luis P. Valdespino Jr., U.S. Marine Corps. (Released)
This photo is for illustration purposes only.

米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: United States Special Operations Command)が、国内の中小企業技術革新制度(SBIR: Small Business Innovation Research)を通じて、ロシア製の機関銃を手始めに、戦地で人気が高い外国製武器を対象として、自国生産の可能性を模索していることが分かった。

昨今のイラクやシリアの戦地では、多くの戦闘員が、ロシア・旧ソ連製およびそのローカルメイドされたコピー品の武器をこぞって利用している。このことは、米軍の特殊部隊が現地の武装組織に対して武器を提供する際、各国の武器市場を通じて、その本体やスペア部品を掻き集めなければならないことを意味している。

そこでSOCOMは、ロシア製の武器を購入して提供する代わりに、ライセンスの問題を抱えるものの、自分たちで製造することを考え、国内の企業に対してそれら外国製の武器製造を計画するよう求めている。

「ミリブロNews」で続きを読む

無線導入で更にサバゲーが楽しくなる!

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ