TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.10.02

【今年も自衛隊キタ!】ニコニコ超会議で展示されたミリタリー系メカニックのまとめ!


投稿者:千葉にゃん

「ニコニコのすべて(だいたい)を地上に再現する」という巨大イベントが「ニコニコ超会議2015」。毎回自衛隊などミリタリー関連の展示が話題になりますが、今回もやっぱりすごかった!
というわけで、会場で見かけた自衛隊・在日米軍などの展示を紹介します。

航空自衛隊

まずはどーんと展示された「地対空誘導弾ペトリオットシステム」
地上発射の高性能対空ミサイル「PAC-3」の発射機です。
見ての通り巨大なミサイルサイロを展開した状態は大迫力!

トレーラー牽引タイプの発射機には民間ではありえないほど巨大なアウトリガーを装備。

部隊は習志野の「第一高射群 第一高射隊」。高射部隊は航空自衛隊の担当になります。

最新のPAC-3本体の展示と詳しい説明パネルも掲出。

対空ミサイルを生で見られるチャンスはあまりありません、というかミサイルって白色なんですね。
PAC-3は航空目標だけでなく弾道ミサイルにも対応しているという説明もありました。

ペトリオットシステム全体の解説は1/35サイズの模型で行われていました。

1/35ということは、既存のキットを改造したりして作成したのでしょうか?
実際はこのように「移動式レーダー」や「管制装置」「電源車」「アンテナマスト」などと一緒にユニットとして運用されます。

しかし、実際に見るとその存在感はかなりのもの。

一昨年の10式戦車、去年のAH-64アパッチほどのインパクトはありませんが、逆にいえばマニア好みの濃い展示だったといえます。

海上自衛隊

さすがに艦船は展示できないため、イージス護衛艦「ちょうかい」の体験型アトラクション「バーチャルツアー」が催されていました。

VR技術によって模擬演習の臨場感を体験できるとあって、すごい人気で長時間並びます。そして写真の注意事項の説明が秀逸すぎる!

もちろん、写真やパネルの展示もあり。

潜水艦は肉眼で見られるチャンスがほぼないので写真は貴重です。

陸上自衛隊

こちらも各種の展示がメインでした

しかし、ブース内はこの混雑!

迷彩服の試着体験に長い列ができていました。身近な陸自はやはり安定した人気がありますね。

在日米陸軍
こちらはやや地味ながら、米軍独特のフレンドリーさが!

仲良く肩を組んで記念撮影ができました。

さて、ここからはミリタリーではなく警察(?)編。
見ての通り、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』に登場した98式AVイングラムがデッキアップ状態で展示。

各地で行われた「出張デッキアップ」で目にした人もいると思いますが、屋内でライトアップされるとまた違った存在感があります。

メルセデス・ベンツのアクトロスを使用したレイバーキャリア

超大型車両は男のロマンです。

おぉ、これはイングラムのリボルバーカノン

やはりコルト・パイソンタイプですね。
手前の「神原特製 九八式榴弾」とある木製弾薬箱もイイ味出しています。

そして注目はこの指揮車

原作では「98式特型指揮車」という名称でした。

ドイツの「SdKfz.223」をイメージさせるミリタリーっぽい車両です。

自衛隊に関しては、基地祭に行かなければ見ることのできない自衛隊の大型装備を間近に見られて、普段はそれほど興味がない人でも楽しめたようです。
もしまた来年開催されるとしたらぜひ遊びに行ってみて下さい。

超強力!曇り止め

, , , ,

WRITER PROFILE

千葉にゃん

千葉にゃん

1983年、東京生まれ。 重い銃は持ちたくないと言う理由から メインウェポンはデリンジャーと言う 強いのか弱いのか良く判らない装備になっている。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ