TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【今年も親子サバゲー!】安全管理をしっかり学んでパパと一緒に楽しく遊ぼう!!IBF八王子の「親子で楽しむサバイバルゲーム」に潜入してきた!


投稿者:サトウ トミ

休日は家族に気を使いながら(!?)サバゲーにいそしむお父さん、朗報です。
お子さんが少し大きくなったら、一緒にサバゲーを楽しむのはいかがですか?

さばなび編集部は昨年、東京都は高尾山の麓にあるサバイバルゲームフィールド、IBF八王子さんで開催された「親子で楽しむサバイバルゲーム」に潜入してきました!この時は40組の定員が満員になるほどの大盛況っぷり。

東京都の条例により、10歳以上のお子様とその保護者が参加できます(お子様のみでの参加は不可)。

集合時間の少し前から続々と集まってくる親子!インドアということもあってか皆さん普段外に遊びにいくような格好で参加です。BDUや装備がなくても気軽に遊べちゃうのがインドアのイイトコロでもありますね。

初春の晴天に恵まれ、絶好のサバゲ日和の中、いよいよイベント開始です!!


朝からこの笑顔!これから始まるサバゲーにワクワクのお子様達です♪

お子様が多数参加されるこのイベント、安全管理がかなり徹底されておりました

まず年齢制限に関しては保険証などの年齢確認できるものを持参するようにとのお達しが。
「うちの子、おっきいし10歳以上にみえるからいいよね、ミャハ☆」とかやっちゃうと問題ですからね。
条例をきちんと守ることこそがサバゲーの普及につながるのではないでしょうか。(とちょっとまじめに考えてみる・・・。)

また、使用するガンは大人も子供も10歳以上のBOYS限定です。
持ち込みエアガンはBOYSであってもすべて弾速チェックするとのこと。サバゲーのルールやマナーをお子様や保護者に周知するためにも必要ですよね。

ブリーフィングでも、銃の扱い方や安全確認などお子様がわかりやすいよう絵やフリップを使いながら丁寧に説明してらっしゃいましたよ〜。大事な約束事をみんなで復唱するなど、学校さながらの雰囲気が◎!!

フィールド内でのゴーグル・フェイスマスクの着用など大事なチェックポイントは保護者の方にも「自分のお子様が守れているかチェックを」と念押しするなど、タクティカルトレーニングを教えているIBFさんならではのしっかりしたブリーフィングは安全管理意識の高さを感じさせます。


写真はブリーフィングでの1コマ。セーフティでのエアガン安全管理について、写真・文字・実演を交えた説明が行われます。真剣な顔できいている子供達。

さてさて、チーム分けをしていよいよゲームがはじまります!

各チームのマーカーが両手、両足、たすきで確認できるので、インドアで混乱しがちなチームの目視をしっかり出来る点もサバイバルゲーム入門としては好印象!!


両手首・両足首のテープ+タスキでわかりやすい!

エアガンが支給され、一生懸命BB弾を装填する子供達ですが、お友達同士で早速
おい、銃口むけるなよ
トリガーに指かけちゃいけないんだぞ
という会話が!!ブリーフィング時の安全管理教育!?が浸透しております!!これは将来の優良ゲーマー育成に一役も二役も買っている素晴らしいイベントじゃありませんか!!


友達同士で協力しながらBB弾を入れていきます。前回参加したお子様はもうなれた手つき!

この日は参加人数が多かったので2フィールドにわかれてゲームを行います。
IBF八王子さんのフィールドは、交戦距離短めの迷路のようなフィールド! 写真に写っている部分がBフィールド、奥のブルーシートの向こう側がAフィールドです。
定例会や貸し切りなどではもちろん全面使えますよ♪なかなか広いです。

ゲーム前に、運営の「ゴーグルチェック!!」のかけ声で全員自分と周りの人のゴーグルがちゃんとかけられているかの確認をしたら、はじめてエアガンを持つ子も、経験ありの子もいざ出陣!
毎回ゴーグルの着用を声かけチェックするのは、ついつい忘れがちな初心者ゲーマーにとっても親御さんにとっても安心です。

さて、ゲームが始まると元気に突入していくゲーマー達!
もう男の子がこの遊び嫌いなわけがありませんよねw

笑い声や悲鳴!?そしてお友達同士での
「扉の向こうにいるかも!!」「おまえいけよ!」「やだよ 笑」といった楽しそうな会話があちこちから聞こえてきました。
復活ありのゲームではガンガン行く子もいればおそるおそる進む子も!そしてサバゲー経験者のお父さんなどはタクティコゥな動きを(!?)


遮蔽物の隙間から良く狙って・・・・。


相手チームはどこかな?


わ!!ビックリした!おもわぬ場所からBB弾が!!

この日参加していたのは主に男の子で小学校高学年くらいのお子様が多かった印象です。
何名かにお話を伺ってみました。

こちらは小学5年生のハルくん
お父様はサバゲーはやったことないそうですが、ハルくん本人が自分もやってみたいと思い、色々しらべて装備も揃えたそうです!スゴイ!!きっかけはたまたまyoutubeでみたサバゲー動画とのこと。(動画をあげているサバゲーマーの皆さん、次世代サバゲーマーの育成にも効果アリですね!笑)
お父様からも「楽しそうですよね、子供と一緒に自分もやってみたいと思います。」との声を聞くことができましたよ。


続いて、小学6年生のリクくん
お父様はなんとサバゲー歴20年の大ベテランです。
いやー、家にあるガンをね、やっぱり触りたがるんですよ。でも触らせることはできないので。で、やりたいんだったらちゃんとしたところでやらせようと思い連れてきました。ここならエアガンもレンタルできるし、安全に楽しめます。」とのこと。
リクくんからも「BOYSならそんなにいたくないから楽しい!18歳になったらお父さんと同じように大きいエアガンを買うつもり。でも人と同じのはいやだな・・・」というはやくもエアガンカスタムに目覚めそうなコメントを頂けましたよ!

 

お父様と息子さんのモロ君、そのお友達のマエカン君です。二人とも小学5年生!
こちらもお父様がサバゲーマーでいらっしゃいます。
自分がやってて、息子も興味を持った様子。親子でできる遊びなのでずっと続けたい趣味ですね。」とのこと。
モロくんからは「お父さんがやっててやりたいなと思った!クリスマスプレゼントに10歳から使えるエアガンを買ってもらったよ!サバゲーはあてたら気持ちいいし、あてられたら終わりだしすっごく楽しい!」とサバゲーの本質をついた素晴らしいコメントが飛び出しました。

最後は小学校4年生のタクヤくん
友達がサバゲーをやっていて、ずっと面白そうだからやってみたいと思っていたそう。「今日やっと念願がかなった!」と嬉しそうでした。
お父様もタクヤくんと一緒にサバゲー初体験だったそうです。
いやー、初めてやったけどすごく楽しかったよ!いい運動になりますね。リアルマインクラフトみたい!」とのこと!
今後も親子でぜひサバゲーを楽しんでほしいです!

 

参加された方、みんなすごくいい笑顔で親子の絆も一層深まったように見えました。大人も子供も、サバゲーデビューにはうってつけのイベントだと思います。

2015年度の開催は以下の通り。

5月2日(土)Ver.20 受付終了・キャンセル待ち
6月7日(日)Ver.21 受付中
7月4日(土)Ver.22 受付中
10歳以上のお子様がいる方は今年、サバゲーデビューさせてみてはいかがでしょうか?
パパのかっこいいところも見せられちゃう!!(かもしれません 笑)
子供の怖いもの知らずな特攻力と体力を侮らなければ、ですが・・・・。

 サバイバルゲームフィールドI.B.F.八王子
住所:東京都八王子市下恩方町2938
電話:042-659-2898
次回の「親子で楽しむサバイバルゲーム」情報はコチラ

YouTube Preview Image

※本記事は過去記事の内容を転載しています

サバゲー後、車に乗る前の手洗いや洗顔に!

, , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

サトウ トミ

サトウ トミ

さばなび編集部女性ライター第一号。ゆるい記事から真面目な記事まで独自の視点で”サバイバル”を伝えていく。インタビューが生き甲斐で、サバゲーマー=人の魅...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ