TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALPICKUP! 2017.09.08

【KING ARMS製】THOMPSON M1928 & M1A1カービン パラトルーパー


投稿者:ニャンコ郎

今回ご紹介するのはKING ARMS製のトンプソンM1928とM1A1カービンです。

どちらも映画やドラマに登場することで、よく知られていますね!

 

トンプソン・サブマシンガンは通称「トミーガン」あるいは「シカゴタイプライター」などと呼ばれ、1919年から累計170万挺以上生産され、今日でも製造が続けられている製品です。

禁酒法時代のアメリカ合衆国において、抗争のエスカレートから武装強化を図っていたマフィアたちと、それを取り締まるFBIなどの司法組織の双方に用いられたことで有名となり、1930年代のギャング映画ではM1928(50連ドラムマガジン付き)が派手な小道具として使われたことによって、世界中に知れ渡るようになりました。

M1928はM1921を改修する形で500挺製造され、米海軍・海兵隊に納入されました。さらに第二次世界大戦勃発後は、フランス軍、イギリス軍、スウェーデン軍に採用されました。

ちなみにトンプソンM1928が登場する映画は、『アンタッチャブル』や『ゴッドファーザー』などで、マフィアといえばトミーガンというイメージは、今でも変わらないんでしょうね😊

ニャンコ郎は『アンタッチャブル』の、あの有名な階段から乳母車が落ちるシーンを思い出して、ついついYouTubeで見てしまいました😅

それでは登場!!!

 

 

 

KING ARMS製 THOMPSON M1928

シカゴタイプ フルメタル 電動ガン

 

● 全長:860mm

● インナーバレル:31.5㎝

● 重量:約3,040g

● リアル刻印タイプ

● ホップアップ:可変式

● マガジン:450連ドラムマガジン付属

● セレクター:セミ/フルオート

● 7mmメカボックス

● 8.4Vラージバッテリー対応(ストック後部より挿入)

● ストック・フォアハンドガード・グリップ:木製

● メタルフレーム、メタルフロント

● マガジンはマルイ製トンプソンと互換性有

金属の冷たい感じと重量感,そして深みのある木の手触り感を堪能してみてください。

ドラムマガジンを付けると、マフィア感が出て渋いですね~👍

 

そしてもう一つは、第二次世界大戦に参戦したアメリカが、空挺部隊向けに1942年から量産を始めたM1A1カービン。

空挺兵はパラシュートやグライダーなどで降下し、陸上においては敵地の後方かく乱や、戦略上重要な拠点を制圧することを任務とする歩兵と同じですが、パラシュート降下などの任務があるため一般の歩兵に比べ軽装備で、空挺降下の際に邪魔にならないように、M1カービンをピストルグリップ化し、折りたためるワイヤー銃床を取り付け全長を短縮したM1A1カービンが採用されました。

こちらはやはり空挺部隊を扱った映画『プライベート・ライアン』やテレビドラマの『バンド・オブ・ブラザーズ』などに登場しています。

おまたせしました!

 

KING ARMS製 M1A1カービン 

パラトルーパー CO2バージョン

 

● 全長:920mm

● 重量:2480g

● 装弾数:15発

● 12G CO2カートリッジを使用

● 素材:アルミニウム、木製、亜鉛合金

● ブローバック機能有

※CO2カートリッジ挿入部は、改造できないように日本仕様になっています。

 

大型で重量感のあるM1928と合理的でコンパクトなM1A1カービン、イメージは違いますがどちらもカッコイイ~💕

個人的にニャンコ郎は、M1A1カービンのあのワイヤー銃床がかっこよくて気になりますねぇ。

ご購入をお考えの方は、どちらもSFBCへお問い合わせください。

★SFBC店内画像↓↓↓

WRITER PROFILE

ニャンコ郎

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ