TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

今からでも恥ずかしくない! デキる男になるためのエステ入門


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

男のエステはエグゼクティブの証。初挑戦の前に知っておきたい予備知識

藤村岳の「男美均整のミナオシ」

「通常、男性がめったに触れないであろうコスメや身だしなみの最新情報や技術などを紹介し、日々の生活を新しい視点から見直せるようにしたい」という、男性美容研究家・藤村岳が、一流男子の所作や振る舞い、装いを身につけることの大切さを毎月綴る。今回のテーマは“現代の男性がリラックスを得る場としての、個室エステやスパ”について。

「女もすなる“エステ”といふものを男もしてみむ」とは、さすがの紀貫之も言わなかっただろう。しかし、男性がエステ・スパを利用することも一般的になってきた今、スマートに使いこなしている人も多い。むしろそれができてこそ、エグゼクティブの証だ。

男の社交場はもはやゴルフ場ではなくジム

というのも、最近では一流ホテルのジムやスパは“第二のビジネスの場”と言われていて、業種の垣根を越えて集い、情報交換をする場として機能している。一緒に汗を流して連帯感を得るという短絡的なものではなく、健康管理の一貫としてのワークアウトを行う人々が他愛ない雑談を装いながら、仕事に繋がるヒントを得ているのだ。

ひと昔前は、それがバーなど飲酒の場であり、またもっと前はスモーキングジャケットを身に纏った紳士が集う女子禁制のサロンのようなものであった。

それがヘルシーコンシャスな今、ジムなどに移行してきつつあると考えればよい。もちろん、情報収集に役立つということは、そこでの不用意の発言は命取りともなり、仕事に影響を与えてしまうという危険も孕むのだが……。

さて、このようにジムでさえ緊張を強いられるようになると、どこで真のリラックスを得るのであろう? それが個室でのエステやスパだ。

男性はまず、ホテルのスパを利用することからオススメしたい。施設の充実度、有名なスパブランドを揃えていることなど、いくつか理由は挙げられるが、何よりも気恥ずかしさが少ない。街場のエステよりホテルの方が敷居は低いはず。

続きはこちら ↓↓↓

今からでも恥ずかしくない! デキる男になるためのエステ入門

,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ