TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【初心者応援企画】雨に濡れても困らない! お手軽防水処理で雨の季節も快適に過ごそう!


投稿者:乾 宗一郎


やっと暖かくなったと思ったら今年は雨が多い気がします。
楽しみにしていた週末のサバゲが雨でお流れになった人、いますよね? また、朝は晴れていたのでフィールドに行ったけど、途中から曇り→雨に・・・という経験がある人も多いでしょう。豪雨警報レベルの土砂降りだと「仕方ないな」と諦められますが、小雨程度だと「もしかしたら・・・?」と淡い期待を捨て切れません。

今回はそんな時に役立つ(かもしれない)防水コーティング剤の使い方をまとめてみました。

防水剤(撥水剤)はその名の通り水を弾く皮膜を作るもの。
本来なら水が染み込んでしまう布地やナイロンでも、これをかけるとコロコロと水玉ができて濡れずに済むわけです。

今回使うのはNIKWAX「TX DIRECT」

写真左はスプレータイプの「SPRAY-ON」、右が浸け置きタイプの「WASH-IN」
どちらでも同じように防水(撥水)性能を発揮します。

そして本来は透湿防水布地用なので、ゴアテックスなどのアウトドア素材に最適。有機溶剤を使わない水性で、透湿性能(かいた汗がこもらずに発散させる機能)を犠牲にすることなく、表面に撥水を付与または復活できるわけです。

まずはWASH-INの使い方を紹介します。
最初にタライに水、できればぬるま湯を張りましょう。

家庭用の洗濯タライ(20~30リットル)でジャケット2~3着が施工できます。

次にWASH-INを入れてよくかき混ぜましょう。

ぬるま湯30リットルに対して約300mリットルが規定量。20リットルなら200mリットルです。
ちょっとお酢っぽい匂いが独特です。

防水加工したいジャケットやパンツなどを浸け込みます。

ジャケットは事前によく洗って汚れを落としておきましょう。汚れていると防水効果が劇的に下がってしまいます。洗ったままの濡れた状態でWASH-INの溶液に浸けてしまって構いません。
このまま5~10分ほどひたしておきましょう。

よく水ですすいで乾燥させます。

ポケットの中などに水がたまりやすいので、裏返すなどの工夫を忘れずに。
洗濯機で軽く脱水してもOKです。

洗濯指示はラベルなどをよく確認して下さいね。
このまま乾けば防水処理は完了です!

しばらくして、さらっと乾いたのでテストしてみました。
とりあえずホースで水をかけます。

ドバドバと景気よく濡らしたところ・・・

おぉ、見事な水玉で水を弾きまくっています!
縫い目の部分も染み込んだ様子はなく、バケツの水を被っても耐えられそうです。

もう1つ、スプレータイプのSPRAY-ONですが、こちらは単にスプレーするだけでOK。

できれば対象物が濡れているか湿っている状態がベストです。
写真は傘ですが、スプレーしてそのまま乾けば・・・。

ちゃんと水弾きが復活!
乾いた物にスプレーする場合は、ウェスなどでサッと拭き取るように塗り込むといいでしょう。

なお、浸け置きタイプで使い終わった溶液は100均にあるスプレー容器で保存しておくのがオススメ。スプレータイプのように使えますよ。

ついでに防水性能をテストしてみました。
ティッシュに染み込ませて乾燥させ、これを紙コップに張って・・・

缶コーヒーをドボドボと注ぎます!
そのまま数分放置しておいたら・・・

染み込まずキープされています!
このまま10分放っておいても染みこむことはありません。
というか、染みこむ前に重さで破れました。

このように手軽に防水性能を付与できるNIKWAXは、さまざまなところに使用できます。
ブーツバックパックなどはマメに処理しておくと、不意の雨くらいならヘッチャラでしょう。

テント車のシートなどにも最適で、いったん処理しておけば防水はもちろん、汚れも付きにくくなります。

使用時の注意点はちょっとだけあります。
まず、浸け置きでもスプレーでも、よくすすぐかある程度拭き取らないと、乾いてから白いムラやシミになりやすいということ。

もう1点は、浸け置き洗いは手のひらまで見事に防水処理されてしまうこと。

水を弾く若々しいお肌になります(?)

 

, , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ