TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALPICKUP! 2017.07.27

【新体験】東京ジョイポリスに新VRシューティングゲームが登場したので挑戦して来ました!


投稿者:ぶたねこ

お台場の東京ジョイポリスで人気のVRシューティングアトラクション「ZERO LATENCY VR」(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)が、2017年7月15日よりソフトを一新して宇宙ステーションでの撃ち合いができる「SINGULARITY」(シンギュラリティ)として生まれ変わったので、シューティング好きのサバゲーマニアとしては挑戦しなくては!ってことで、さっそくやってきました!

※ 一緒に体験してくれたのはゲーム番組のアシスタントも務めるゲーム大好きモデルの初音さん(写真上)

仕組みとしては、前作「ZOMBIE SURVIVAL」(ゾンビ サバイバル)と同じく、背中にバックパック、頭にゴーグルを掛けて自由に歩き回って6人まで同時にプレイできるんですが、ソフトが変わるとこんなに違うの!ってくらい別物になってることにビックリです。

 

前作では襲い来る、いろんな姿形/属性のゾンビを撃ちまくるのがメインのゲームでしたが、今回のは通信が途絶えた衛星軌道上に浮かぶ宇宙ステーションに送り込まれた特殊部隊「ブラックチーム」の一員となって、機械に乗っ取られたステーションでの様々な攻撃をかわしつつ命からがら脱出するというもの。

進化したVRの効果によって、落ちたら死にそうな高さで一本橋を渡ったり、エレベータで垂直、乗り物で水平に移動したり、壁に足を着けて90度に昇ったり(参:下図)といった不思議な感覚を味わうこともできるのです。

もちろん、シューティング要素も健在で、上下左右から襲い来るマシンは動きが素早いし、突如飛び出してくることもあって、途中からもう大忙し!バーチャルな盾を使って防御もできるのですが、とにかく体を動かすので、室内は冷房が効いてるのに、背中にヘンなアセをかいてしまいます。

価格は変わらず税込2000円で、同じく要事前予約。別途、東京ジョイポリスの入場料が必要です。ゲーム後に登録メールアドレスに送られてくる成績表を見ながら、未来のサバゲーはこんな感じになるのかも?って思ってしまいました。ともあれ、これが体験できるのは日本でココだけ!気になる人は、ぜひ体験してみて!

東京ジョイポリス

東京都港区台場1丁目6番1号 DECKS Tokyo Beach 3F~5F

03-5500-1801

tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/

初音プロフィール

1993年1月9日生まれ。大分県出身。アニメやゲーム、サバゲー大好き!なモデル。現在、「ゲーム☆マニアックス」(BS236アニマックスチャンネル、毎週土曜23時~)にレギュラー出演中。Twitter  @chunetaro Instagram  @Hatsune

WRITER PROFILE

ぶたねこ

ぶたねこ

某サバゲー雑誌でビジネスと広告を担当。日々、サバゲー関係のショップ様やフィールド様を回って広告はじめイベントや記事など、いろんな企画を考えていま...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ