TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALPICKUP! 2017.07.21

【新フィールド】本日お台場に新インドアフィールドオープン!


投稿者:ぶたねこ

作り込んだ内装で人気のインドアフィールドを大阪、埼玉で展開する株式会社エッジイノベーションが東京お台場の人気観光スポット「デックス東京ビーチ」の 5Fに2017年7月21日「BravePoint Daiba」をオープンするということで、取材してきましたが、オープン前日のため、一部まだ完成していないところがあるかもしれない点は先にお断りしておきます。

BravePointブランドでは3店目となる同店も、他の店舗同様、スポーツジム並みに整った施設と、テーマパークばりに作り込まれた内装を備えており、独特の世界観の中でプレイできるのが特徴です。広さはおおむね100平米くらいでしょうか。他の店舗同様A、B二面が作られていて、外から中の様子を窓越しに覗けるのも同様です。A面「CUBIC」(キュービック)のテーマは古代遺跡。ほぼ正方形のフィールド中央に配置されたちょっと神殿ぽい感じの橋を使って、上から撃ったり、下から背後に回り込んだりといった、立体的なバトルができそうです。

A面は10m四方くらいでしょうか、あまり広くないので、通常は10禁のハンドガン戦による4対4くらいの初心者による体験的な利用を想定しているそうです。全面利用時には隣のB面とつなげて使うことができ、その場合には激しい攻防の拠点となりそうな予感がしますが、つなげた場合でも、ツギハギ感が出ないように自然に移動できるような導線が作られているほか、開ける扉の数を調整したり、開けた区切りの扉がそのままバリケードにできるようになっているなど、多彩で自然な連結ができるような工夫がなされているとのことです。

※下の写真は同じ扉を表と裏からみたところ。これが連結時は開閉します。

いっぽう、監獄をイメージをしたB面「ESCAPE」(エスケープ)は、道幅も広く、射線も通っているため、18禁ライフルでの上級者向けのバトルも可能な構造です。檻や金網などで、監獄風の装飾がなされたフィールド内には、いくつもの「独房」が並び、そうした壁や腰高までの遮蔽物をうまく使うことで、さまざまなルートが作れます。

さらにフィールド内の約20箇所の格子や壁をモジュラー式に入れ替えることができる仕組み「ROS」(Replaceable Obstacle System=入替式遮蔽物システム)を取り入れているため、フィールド内のレイアウトは定期的に随時変更可能になっているほか、貸切時に希望に応じてレイアウト変更できるとのことです。また、近日中にプロジェクションマッピングによる特殊効果も導入する予定。なお、B面の推奨人数は 8対 8くらい。

利用料金は場所柄、観光客や子供連れの買い物客も多いため、思いついてちょっとやってみたい!というニーズにも対応できるように短時間でのパック料金制を用意しているのが特徴的です。30分で平日1500円、休日1800円の基本料金内に会員登録料やガン、ゴーグル、BB弾が含まれているので、手ぶらで急に思い立っても遊べるようになっています。初回のみ講習で15分かかるので実際のプレイ時間は15分となりますが、リピーターは会員登録料200円が割引されるほか、講習も不要なので30分丸々プレイできるとのこと。なお、延長は15分300円で、ほかにも小刻みに延長するよりもおトクになる90分~180分までのパック料金など、いろんな料金体系が用意されています。

もちろん、サバゲーファン向けの貸切も可能で、B面のみ、あるいは全面での貸切もできます。B面は平日2時間2400円/人(最低6人以上)。休日だと2時間3000円/人(最低10人以上)。全面貸切は、平日2時間3000円/人(最低6人以上)。休日だと2時間3800円/人(最低14人以上)で、他にも時間に応じた料金プランがありました。なお、A面だけの貸切は現状は予定していないとのこと。

アクセスはアクセスはゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩2分。りんかい線「東京テレポート駅」からは徒歩5分。車の場合は1店舗 3,000円以上の利用で平日は駐車代金2時間無料(5,000円以上で4時間無料)休日は1時間無料(5,000円以上で2時間無料)となっています。

 

階下には「東京ジョイポリス」や「マダムタッソー蝋人形館」、「レゴランド」などの遊戯/観光施設もあるので、たまにはサバゲーだけでなく、1日いろんなことして遊び倒すのもいいかもしれませんね。

BravePoint Daiba

東京都港区台場1丁目6-1 デックス東京ビーチ 5F

03-3599-2115

WRITER PROFILE

ぶたねこ

ぶたねこ

某サバゲー雑誌でビジネスと広告を担当。日々、サバゲー関係のショップ様やフィールド様を回って広告はじめイベントや記事など、いろんな企画を考えていま...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ