TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsその他 2017.05.17

なぜ、人気スタイリストは自分が死んだ後も残るものを愛用するのか


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

自分より短命なモノは使わない。インテリア・スタイリスト窪川勝哉氏の「三種の神器」

窪川勝哉さん

自分が生きているうちに使えなくなるような寿命の短い物は嫌いです

窪川勝哉さん

インテリア・スタイリスト
窪川勝哉さん

インテリアのみならず、クルマや時計、家電、ステーショナリーなど、プロダクト全般に造詣が深い。雑誌やTV番組などでのスタイリング、ウインドウディスプレイや、イベントのデコレーションなども手掛ける。

気に入った物は丁寧に扱う だから長い間、使えるんです

仕事に行く時に必ず持っていくのが、このBrooklyn Tokyoの『レザーケース』です。スケールやペン、電動歯ブラシの『ポケットドルツ』、デジタルカメラ、USBメモリ、印鑑や朱肉などを入れています。どれも仕事には欠かせないものですね。

レザーケース

Brooklyn Tokyo
レザーケース
価格:不明

十数年前に友人からプレゼントされた三つ折りのレザーケース。中を開くと、ボールペンなど細い物を入れるのに程よいホルダーや、チャック付きの小物入れが付いている。窪川さんの推測では、メイクアップ道具を入れるものではないかという。

続きはこちら ↓↓↓

なぜ、人気スタイリストは自分が死んだ後も残るものを愛用するのか

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ