TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALPICKUP! 2017.05.16

梅原大吾さんが介護職を経てプロゲーマーになった理由


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

プロゲーマーの梅原大吾さんが1度は介護職に就き、その後ふたたびゲームの世界へと舞い戻った理由

梅原大吾さん

日本や世界に大きく影響を与える「道」を追求する人物をクローズアップするメディア、「アルファポリスビジネス」のこちらの記事より転載。

世界各地で繰り広げられる格闘技ゲーム大会で、幾多の優勝を勝ち取ってきた、プロゲーマーの梅原大吾さん。15歳で日本一、17歳で世界一の座を獲得し、観客を魅了する圧倒的なプレイスタイルに、ついたあだ名は「The Beast(=野獣)」。その攻撃的な称号とは裏腹に、幼いころより人知れず、ある「悩み」を抱えていました。一度は勝負の世界を去り、自分なりの道を模索する中で、再びゲームの世界に舞い戻ってきた、世界最強と称されるプロゲーマー梅原大吾誕生までの軌跡を伺ってきました。

梅原大吾(うめはら・だいご)|プロゲーマー
1981年、青森県生まれ。11歳の時、対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』に出会い、ゲームの世界へ。15歳で日本一、17歳で世界大会を制するも、一度は勝負の世界から離れ、さまざまな経験を積んだのち、再びプロゲーマーとして返り咲く。(現在、レッドブル、Twitch、HyperX の3社とスポンサー契約を交わしている)。その華麗なプレイスタイルからアメリカでは”The Beast(野獣)”と呼ばれる。梅原流と称される勝負に勝ち続けるための信念や生き様は、ゲーム業界の枠を超え、多くの人々に支持されている。講演・コンサルタント、大会・イベントなどの活動状況を公式サイト「DAIGO THE BEAST」で発信中。

「自分だけ気持ちいいのは性に合わない」世界一のプロゲーマー 勝負へのこだわり

続きはこちら ↓↓↓

梅原大吾さんが介護職を経てプロゲーマーになった理由

,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ