TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsその他 2017.04.25

【面接で役立つ裏ワザ】前職の給与額に関する質問を受け流すフレーズ3選


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

転職の鉄則:採用条件の交渉で、前職の給与額は絶対に明かしてはいけない

転職の鉄則:採用条件の交渉で、前職の給与額は絶対に明かしてはいけない

おおかたの採用責任者は、2次面接あたりで、求職者が給与のことを聞いてくると想定しています。しかし、いざ求職者がその質問をすると、採用側は、その人の最低線を探る目的で、これまでいくらもらっていたのですかという質問を投げ返してくる場合があるのです。以前の給与額を教えるべきでないのはこんな理由からです。

ここであなたの現在あるいは過去の給与額を教えてしまうと、給与額の提示・交渉の際に、採用側を有利な立場に立たせることになります。特に採用責任者や担当者が執拗に聞いてきた場合などは、会話の方向性を変えるのは勇気が要りますが、それによって結果が大きく左右されます。以下は、U.S. Newsが紹介する、給与に関する質問を素早くすり替えるためのフレーズです。
「そうした情報は非公開にさせていただいていますが、今回の希望額は…」
「そうした情報は、前職の会社で常に非公開扱いでした。しかし私の希望額は…」
「そうしたことは税理士以外にはお話ししないのですが、希望額は…」

以上のフレーズが自分の話し方に合わない場合は、同じ意味が伝わり、なおかつ、もっと自分らしい別の言い方を考えましょう。
どんな交渉でも、自信があるように見せることが重要です。

続きはこちら ↓↓↓

【面接で役立つ裏ワザ】前職の給与額に関する質問を受け流すフレーズ3選

, ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ