TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsミリタリー 2017.01.31

中国版 PMC、現状と課題


投稿者:ミリブロNews

Capture screen: Financial Times's YouTube channel Image is for illustration purposes only.


2016年8月7日、中国人の織物デザイナーがパリ郊外で強盗に襲われ死亡した。近年、中国の著しい経済成長にともない、世界のあちこちに中国企業が進出し、それに応じてそこで働く中国人が現地で犯罪に巻き込まれることが多くなってきた。中仏友好協会によると、2015年12月以来、100件以上もの強盗・略奪事件に中国人が巻き込まれているという。

中国人デザイナーの死は、海外に進出した中国企業が長年抱える問題を浮き彫りにした。海外駐在の中国人は、現地の法や治安体制があまりに無力であることを多大な犠牲をもって知っている。
例えば、2004年、アフガニスタンで11名の中国人が殺害された事件は、中国の海外ビジネスの認識を一変させた。

それ以後、中国人資本家は、莫大な利益が上がるものの、それに応じて危険もともなう場所でのビジネスでは、独自の警備・保安体制の確立こそが重要で、それに投資するようになった。
「ミリブロNews」で続きを読む

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ