TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
Newsトレンド 2016.09.29

【VR体験してみた】東京ゲームショウ2016レポート

LINEで送る

投稿者:岡橋 正基

Sponsored link

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

 

■ゲーム音痴がゲームショウに行く

最近、VRという言葉を耳にすることが増えているのではなないだろうか?

VRはVirtual Reality(仮想現実)の略で、コンピュータが作った環境(例えば、3次元の映像や音楽)にあたかも自分自身が入り込んだような体験ができる技術のこと。

2016年はVR元年と言われている。

Googleの段ボール製VRヘッドセット「Cardboard」海外展開を始めとして、世界中でVRが盛り上がっている。そんな中、ゲーム界隈で日本最大の見本市である東京ゲームショウ2016はVR関連でアツいらしい。

らしい、というのは、普段ほとんどゲームをしない私は、ゲーム×VRと聞いても「なんとなく、すごそう」とぼんやりしている。しかしブーマガ編集部の面々は興奮気味だ。ゲームにはうといが、超デカい市場なのは間違いない。せっかくなので、連れて行ってもらうことにした。

東京ゲームショウ2016

東京ゲームショウ2016概要
会 期 : 2016年9月15日(木)~18日(日)
15日・16日はビジネスデイ
17日・18日は一般公開
会 場 : 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)

開催規模
出展社は昨年の480社から増えて、今年は過去最多の614社。
また、出展社の国・地域は37と、こちらも過去最多を記録している。

出展社数の内訳は、昨年が国内234社、海外246社だったのに対して、今年は国内269社、海外345社と海外勢が約100社増で、全体の過半数を占めた。

その理由として、スマートフォンや新たなVRプラットフォームの誕生によりゲーム産業が世界規模で拡大、それに伴い優良なコンテンツを保有する日本企業との商談を求めたり、国際間での協業を模索する海外企業が増えているとのこと。

またイベント終了後の速報として、総来場者数は歴代最多の27万1,224人(昨年268,446人)とのこと。VR元年とあって、注目度の高さがうかがえる。

■予想外の熱気

さて、訪れたのは9月16日のビジネスデイ、会場は幕張メッセだ。

Sponsored link

会場の最寄り駅に降り立って真っ先に感じたのは、これほどスーツを来た人が少ない展示会は他にないのでは?という点。スーツ姿の人はほぼいないし、ビジネスカジュアルも越えて、まるでフェスのような自由さだ。それに、非常に多国籍。改めて、ビッグイベントなのだと感じた。

会場に入ってみると、プレイステーション、バンダイナムコ、スクウェア・エニックス、カプコンなど、大型ブースにまず目が行く。まずはPlayStation VRをぜひレポートしたかったのだが、整理券は開場1時間で終了しており、キャンセル待ちも行列。すっかり乗り遅れた編集部一同は、残念ながら体験できなかった。これは痛い。VR元年の熱気を舐めていたようだ。

東京ゲームショウ2016

東京ゲームショウ2016

<PSブースのVR体験画像>

PSブースのコスチューム、一見すると青と白の爽やかなワンピースだが、フラッシュをたいて撮影すると、青字にPSロゴが浮かび上がる。芸が細かいぞ。

<PCブースのコスチューム画像>

続きはこちら ↓↓↓

【VR体験してみた】東京ゲームショウ2016レポート

さばなび人気記事一覧

1.【解説】 MARSOCについて

2.【分解】 トレポン用のHEXマガジンの詳細が届いた!

3.【電動ガン】G&G Predator Hunterが鬼カッコいい!

4.JEEPでサバゲに行こう!

, ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link

おすすめアイテム