TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
Newsアウトドア 2016.07.28

まだ間に合う 今年の夏の旅行

LINEで送る

投稿者:岡橋 正基

Sponsored link

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

西日本では一斉に梅雨明けの報が。関東もあと少しで梅雨明け。小学生は夏休みに入り、もはや夏はすぐそこ。筆者の大好きな明るい太陽が照り付ける季節。

しかし忙しさにかまけて準備を怠っていた筆者の心には懸念が一つ。それは…

 

今 年 の 夏 の 旅 行 、 ど う し よ う …

 

夏休みの日程はすでに分かっている。なのにこの体たらくである。やらなきゃやらなきゃ…とは思いつつも日々の仕事にかまけて全然出来ていない…

筆者には妻がいる。子供もいる。だからこそ妻の追求もひとしおなのである。「予約まだしてないんだ」なんてことを妻に話そうものなら…想像するだけで恐ろしい。

きっと素晴らしい家庭人であるあなたなら関係ないことかもしれないが、筆者の家庭での立場を守るために今回は東武トップツアーズさんに突撃取材をこころみ、お盆の旅行申込み状況や、トレンド、おすすめのツアーを聞いてきた。

旅行市場は上昇傾向。昨年から引き続き国内旅行が需要大?

今回お邪魔した東武トップツアーズさんはその名の通り、東武鉄道グループに属する旅行会社で、あの東京スカイツリーのお膝元に本社オフィスがある。東武もトップツアーも耳馴染みのある名前だったので、気付かなかったのだが、こちらは昨年、東武トラベルとトップツアーという会社が合併して誕生している。合併したことにより、業界内の取扱額で国内9位に浮上するなど、いま勢いに乗っている会社なのである。

旅行業界市場はというと、観光庁のデータによると昨年の取扱額は合計で6兆6千億という巨大市場である。海外旅行は昨対で91.6%とやや減少傾向にあるものの、国内旅行は昨対で108.3%と上昇傾向にある。訪日外国人については昨対で144%と急成長しており、市場全体は活性化していると言える。

Sponsored link

今回、話を聞いた東武トップツアーズの東日本国内企画センターのセンター長である丸山裕司さんも同様に国内市場が好調であると言っていた。海外旅行の不調の要因は昨今のテロのニュースなどが影響しているのでは、とのことだ。

加えてアウトバウンド(日本人の海外旅行)とインバウンド(訪日客)の帰りの飛行機の予約がバッティングして、席を確保しづらいことも影響しているという。

いずれにせよ、国内市場はなかなかの激戦らしい。果たしてお盆の旅行をこの時期に取ることはできるのであろうか…

激戦の国内旅行プランを勝ち取るコツとは?

取材を対応してくれたセンター長の丸山裕司さん。知識も豊富、説明もわかりやすくかった。センター長というと、なんか偉そうで話しにくい人が出てきたらどうしようと思ったが、大変気さくで、冗談も交えながらお話していただいた。説明もとても丁寧で紳士的な方だった。…よかった。

センター長の丸山裕司さん

丸山さんによると今年の夏の旅行はやはり国内が好調らしい。そんな好調な国内旅行、今からでも予約は取れるんでしょうか?

「一般的に国内でもロングと言われている北海道・沖縄については人気が高く、だいたいGW明けには埋まってしまいます。また、近場の旅行でも6月あたりには予約が入ってきますね」

うーん、やはり遅いのか…不安を感じる筆者の気持ちが通じたのか、丸山さんは「これからでも予約を取りやすいタイミングがある」と裏技を教えてくれた。

続きはこちら ↓↓↓

まだ間に合う 今年の夏の旅行

, ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link