TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
Newsミリタリー 2016.07.08

新シリア軍 (NSyA) メンバー、米陸軍の最新サーマルサイト付き M2010 スナイパーライフルを使用

LINEで送る

投稿者:ミリブロNews

Photo: via The Mess. net


米陸軍で制式採用されている、最新のサーマルウェポンサイト付きのボルトアクション式スナイパーライフルが、シリアのアレッポ県で活動している武装グループによって使用されている。現地の様子を伝えている Twitter アカウント上に投稿された写真を、武器・弾薬の分析を専門とする ARES (Armament Research Services) 社が確認し、その内容を投稿した。

17 日付けで Twitter に投稿された写真には、新シリア軍 (NSyA: New Syrian Army) 傘下のグループに所属するメンバーと考えられる人物が、レミントン製 XM2010 スナイパーライフルを構えている様子が収められている。
(写真自体は、2015 年 7 月に海外の軍事フォーラムで投稿された際にも話題となっている)

NSyA は、米国を中心とした連合国軍の支援を後ろ盾に持つ、対ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) を掲げたグループであり、連合軍各国の特殊部隊が、軍事アドバイザーとして戦闘支援をおこなっているとされる。

「ミリブロNews」で続きを読む

, , , , ,

WRITER PROFILE

ミリブロNews

ミリブロNews

エアガン・サバゲー・AirSoftGameからミリタリーのショップ・メーカーなど、コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link