TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsその他 2016.06.21

【詐欺電話を防ぐアプリ】出ていい番号、出ちゃダメな番号を瞬時に判断「電話帳ナビアプリ」


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

 

新手の架空請求“自動音声ガイダンス”対応の 詐欺防止アプリ「電話帳ナビアプリ」を開発

発着信時に詐欺電話と警告し、増加傾向にある特殊詐欺を防止

株式会社ライドアンドコネクト

株式会社ライドアンドコネクト(本社:東京都調布市、代表取締役:祐野 和義)は新手の架空請求「自動音声ガイダンス」に対応した詐欺防止アプリ「電話帳ナビアプリ」を開発しました。

詐欺電話着信中の画面

ダウンロード(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.telnavi.app.phone
ダウンロード(App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/dian-hua-zhangnabi-raito/id1024396744?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

■詐欺電話を判断するアプリ「電話帳ナビアプリ」
「電話帳ナビアプリ」は独自に保有する電話番号データベースをもとに詐欺電話を判断し画面に警告を表示します。
詐欺電話の電話番号情報は自社で新たに開発した詐欺番号収集システム ― アスピス(ASPIS)により、常に最新の詐欺に利用されている電話番号が自動で集積される仕組みです。また信頼性はほぼ100%に近い高い判断能力を持っています(※)。
※当社調べ

■「自動音声ガイダンス型」詐欺防止への取り組み
警視庁犯罪抑止対策本部では2016年に入ってから自動音声ガイダンスでの特殊詐欺が増えており、東京都内ですでに約170件の不審な電話が相次いでいるとして注意を呼びかけています。当社ではこの「自動音声ガイダンス型」の詐欺情報を2015年9月頃より察知しており、ホームページでの注意喚起、詐欺防止アプリの開発を進めてきました。

<自動音声ガイダンス型詐欺増加のポイント>
当社では自動音声ガイダンス型の詐欺が増加した傾向には2つのポイントがあると分析しています。

・判断力を鈍らせない
従来のメールを使った詐欺では電話をかけるか判断する時間を与えてしまい、効果が薄れていると思われる。しかし、ワン切りによる直接架電の場合、判断力を鈍らせすぐに電話をかけてしまう被害者がいること。
・費用がかからない
ワン切りで相手に電話をかけさせるコンタクト手法であるため詐欺グループに費用がかからないこと。

続いてアプリ概要

続きはこちら ↓↓↓

【詐欺電話を防ぐアプリ】出ていい番号、出ちゃダメな番号を瞬時に判断「電話帳ナビアプリ」

, ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ