TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
Newsトレンド 2016.06.20

3Dプリンター、やってみた

LINEで送る

投稿者:岡橋 正基

Sponsored link

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

3Dプリンターといえば、今トレンドのキーワード。ブーストマガジン読者の皆さんもニュースやSNSで日頃から目にしているキーワードだろう。この3Dプリンターは何がスゴイかと言うと、これまで多額の費用をかけて金型や大型装置を導入する必要があったモノ作りが、3Dプリンターひとつで実現できるところだ。

資金の乏しい中小企業や個人でも3Dプリンターさえあれば、金型無しで自社製造が可能でコストも製作時間も大幅に削減できるのだ。しかし、“何でも作れる”というわけではなく、材質などの制限もありすべてのモノ作りが実現するということではない。

3Dプリンター本体および関連市場を合計した2014年の国内の売上額は336億3,000万円(前年比成長率65.3%)である(IDC Japan 株式会社調べ)。2014年~2021年の年間平均成長率は18.8%、2021年の総売上額を1,123億7,000万円と予測されており、急成長が見込まれる市場である。

今回はそんな3Dプリンターの魅力に迫るために、今TVCMも放映中のTechShop Tokyoで3Dプリンターを体験させてもらった。

3Dプリンターの実力とは? 実際に体験させてもらった

TechShop Tokyo TechShop Tokyoは、東京都港区赤坂(六本木一丁目駅徒歩1分)にあるDIY工房だ。“BUILD YOUR DREAMS HERE”というコンセプトの元、3Dプリンターだけではなく塗装や木工などのマシンを会員が使えるシステムである。そんなTechShop Tokyoに取材依頼をしたところ、快くオッケーをいただいたので、ブーマガ取材班がお邪魔させていただいた。

TechShop Tokyo店内は広々とした空間で清潔感もバッチリ。溶接エリアやカラーリングエリアなど個室に仕切られている部屋もあるが、写真のワークスペースエリアが真ん中に広く設置されているので、設計図を広げたり、仲間と一緒にワイワイ話しながらDIYを楽しむことができる。これは使いやすそう。

Sponsored link

TechShopロゴ

到着してすぐに、3Dプリンターを体験させてもらった。今回は、TechShopのロゴマークでもある、Shopの“ o ”の部分ギア型チャームを作ってくれるというのだ。なんともありがたいお心遣い、TechShop Tokyoの神対応に感謝!

3Dプリンターマシン

今回使用する3Dマシンはこちら。MarkerBot社のパーソナル3Dプリンターだ。はるばる海の向こう、米国ニューヨーク市ブルックリンの熟練技術者によって組み立てられた3Dプリンターなのだとか。外寸は、528(L)×441(W)×410(H)mmと一般的な家に設置するには、ちょっと大きいか。

3D設計図

パソコンの3D設計図を元に3Dプリンターに出力していく。この3D設計図は、TechShop Tokyoに事前に準備していただいたもので、開催している講座(クラス)などでも、この3D設計図を使用しているとのこと。パソコンに3D設計図があれば、大きさなどを自由に変えられるのだ。ちなみに出力できる大きさは、252(L)×199(W)×150(H)mmなのだが、当然サイズが大きくなるほど出力時間は増える。

3Dプリンター フィラメント

続きはこちら ↓↓↓

【3Dプリンター体験取材レポ】ブーマガ取材班も驚く精巧な作りは圧巻

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link

おすすめアイテム