TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
Newsその他 2016.05.26

【信長×光秀×家康】本能寺の変の遠因ともされる「安土饗応膳」が現代に蘇る


投稿者:岡橋 正基

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

信長が家康にもてなした『安土饗応膳』が現代に蘇る! 休暇村近江八幡が7月15日までの期間限定で再現・発売  ~ 歴史を動かした 天下人の会食 ~

一般財団法人休暇村協会

滋賀県のリゾートホテル休暇村近江八幡(総支配人:酒井 久芳、調理長:大島 康広)は、2016年7月15日(金)までの期間限定で、「安土饗応膳」の再現料理を1日10食限定で販売します。
織田信長が明智光秀に命じ、徳川家康をもてなした400年以上前の料理を、地元有志と博物館の研究者の協力により再現。当時は塩と酢が中心の味付けでしたが、現代風の味付けやアレンジで美味しくお召し上がりいただけます。

安土饗応膳

■「安土饗応膳」とは
1582年(天正10年)5月、織田信長が明智光秀に饗応(接待役)を命じ、武田討伐に功をなした徳川家康を安土城でもてなした膳。山海の珍味を盛り込んだ豪華なものでした。
家康の好物が「鯛」であったこともあり、流通が今ほど発達してなかった当時に、光秀は海の魚も用意します。諸説ありますが、このときの魚のにおいで信長の怒りを買い、光秀は家臣の面前で叱責されます。これが後の本能寺の変の引き金にもなったとも一説では言われています。まさに歴史を動かした会食です。
もちろん、今回ご用意する料理の魚は美味しくお召し上がりいただけます。

「天下人の会食・安土饗応膳」を限定再現!1日限定10食!歴史ロマン懐石『信長饗応膳』
販売期間: 2016年5月15日(日) ~ 7月15日(金) 1日限定10食
販売料金: 1泊2食 16,370~18,470円(1名様あたり)
URL   : http://www.qkamura.or.jp/qkamura/489/menu.asp?gl=3&id=ohmi#426

■メニュー開発秘話
・『安土饗応膳の復元プロジェクト』
地元の飲食店などによる観光振興団体「まんなかの会」が、饗応膳を研究する元近江八幡市立資料館長らと復刻プロジェクトを結成。後世に残すため再現しました。
2013年6月には安土城考古博物館でイベントも実施され、安土饗応膳の展示や試食会、戦国時代の食文化に関する講演会が開かれました。このとき、休暇村近江八幡も料理解説と調理担当で参加しています。
 

続きはこちら ↓↓↓

【信長×光秀×家康】本能寺の変の遠因ともされる「安土饗応膳」が現代に蘇る

, , , , , ,

WRITER PROFILE

岡橋 正基

サバゲ歴は通算○十年。 子供のころよりミリター好き。 昨年からドローンにはまり、最近はフィールドに行く時は必ずドローンを持って行きます。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ