TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【ドローン】水中を自由自在!しかもスマホで操作し撮影できる「Sea Drone」で水産業も本格化!


投稿者:牛浜 のぶ子

ドローンを見かける機会はこの2~3年でぐっと増えました。

■Sea Drone

そしてそれにより空撮が手軽にできるとなれば、次の目標は・・・水中!
プロペラで自由自在に動き回り撮影可能な「Sea Drone」が発売されました。

sea1

車のトランクにらくらく入る小ささ。
重量は5kg、大きさは306×306×270mmと一般的なバケツくらいでしょうか。

sae2

sea3

これがそのSea Drone本体ですが、ちょっと従来のドローンとは違った形をしていますね。
胴の部分からプロペラを引き出します。

sea4

スマホや他ブレとの専用アプリで操作、時速は最大で5.4km、水深100m(!)まで動作可能!

sea5

上下に動くジンバルカメラ(センサーで傾きを感知して小型モーターで補正する)が内蔵されており、それぞれの画角は130度。本体そのものがぐるっと回ることで周囲を360度撮影します(パノラマモード)。

sea6

なんと天地がさかさまになることなく、同じ向きで移動・撮影することができるデザイン。
一定の水深に固定させ、流されてもその水深まで自動で戻ってくるというハイテク!

sea7

バッテリー容量は5000mAh、3時間連続駆動可能。
そもそもこれは水産養殖業向けに開発されたドローンだそうで、ゆくゆくは浜辺や漁港で、漁師さんたちがドローンを手にする光景などがみられるのでしょうか。
よくわかる動画はこちら↓↓↓。

YouTube Preview Image

趣味や娯楽としてのドローンもいいですが、第一次産業などの重要な助けになることが、まさに機械の役割なのかもしれませんね。

引用元:http://gigazine.net/news/20160512-seadrone/

, , ,

WRITER PROFILE

牛浜 のぶ子

牛浜 のぶ子

前職は広告系企業に勤務。取材やまとめ記事の他、海外留学の経験を武器に、海外記事、翻訳記事の作成なども担当。魅力ある文章を書くことを心がけていますので、...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ