TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALゲーム 2016.05.17

【大注目!】FPSゲーム「 HOMEFRONT the Revolution」が2016年5月19日発売!


投稿者:トルネコ

これはゲームか、現実か、大朝鮮連邦 VS アメリカ
シリーズ最新作がオープンワールド x FPSで世界同時期発売!
2016年5月19日発売決定!

さばなび運営事務局です。
凄いゲームが発売されます!この臨場感とグラッフィックは圧巻の一言です!
何と言ってもPlayStation®4とXboxOneの性能をフルに活かし、テクスチャーやキャラクターなど相当リアルで臨場感が楽しめるFPSゲーム「HOMEFRONT The Revolution」スパイク・チュンソフト社より発売されます!

HOMEFRONT the Revolution 公式ページ

まず何と言っても臨場感が凄い!ゲーム内のフィールドを構成しているテクスチャーレベルの高さに驚かされました。以下、こちらは後ほど、実際のゲーム画面を交えつつ解説します。

今回発売されるHOMEFRONT the Revolutionは、前作から大幅に進化し、自由度の高いオープンワールドタイプとなったストーリーモードに加え、もちろんオンラインでのプレイも可能。自分の分身となるキャラクターを作成し、最大四人のプレイヤーが協力して「KPAへの強襲」や「味方部隊の護送」など多彩なミッションに挑みます。ミッションで得た報酬で、銃器やキャラクターの外見・スキルをカスタマイズ可能な為、ゲームをやりこむ事でキャラクターレベルやスキルを向上させ、プレイヤーの好みのキャラクターに育てる事ができるのも魅力です。
※ KPA = 大朝鮮連邦軍
ここからは実際のゲーム画面を紹介しますが、光が差し込んでくる感じや側壁に映し出された兵士の影など、静止画ではありますが、これだけでも相当な臨場感が伝わってきます。

ホームフロント CO-OP

M4A1等のアサルトライフル実射時の排莢の感じや、マガジンリロード時にチャージングハンドルを必ず引く動作など、実銃さながらのリアリティも楽しめます!
もちろん、利用する銃器ごとの発射音や「マズルフラッシュ」の違いまでもリアルに再現されています。

MX_Rec_20160322_191828.avi_000382631

以下は、ハンドガンの戦闘シーンですが、FPSに慣れ親しんでしるユーザーさんであれば直ぐにHOMEFRONTの世界に溶け込めそうです。 ハンドガンやライフルなどのリコイルショックの癖もFPSならではの醍醐味で、利用する銃器毎に「リコイルショックを制御」する感覚の習得や、ウェポンチェンジなどによるエイミング精度の向上など、FPSプレイヤーならではの「研究~実践」の楽しみが沢山ありそうです!

FPS ホームフロント

それにしても、とにかくグラフィックが凄い!雲の感じや、建物に映り込む木々の影など、まるで自分がその場にいる様な臨場感が味わえます!市街地戦などでは各所で残骸が燃えていたり、建物内への強襲時に「屋内にいる」雰囲気を出す為の採光明暗のエフェクトなど、まるで映画の1シーンを見ている様。
更に、目を引いたのがバイクなどの乗り物に乗った際のプレイヤーの視点。実際に運転しているかの様な臨場感がたまりません!
キャラクターの装備も、得意なプレイスタイルや仲間との連携における役割に合わせてカスタマイズが可能です。各銃器の特性もゲームプレイに如実に反映されているので、SMGやアサルトライフルで命中精度を上げる為の 「指きりバースト射撃」 が得意なプレイヤーや、RPGの運用に特化した特技兵役、ハンドガンでのヘッドショットに拘るなど、それぞれのプレイスタイルを追及する事も可能で、初心者からFPSベテランまで堪能できるクオリティとなっています。

オンラインでは、ボイスチャットを利用し仲間との連携を取れば、更にHOMEFRONT ワールドに引き込まれること間違いなし!

ホームフロント グラボ

また、今回5月19日発売されるHOMEFRONT the Revolutionには初回限定特典が付属!

初回限定特典 「レボリューショナリースピリットパック」
・ シングルプレイ用
「レッドスカル」バイクスキン、ハンドガン用ゴールデンスキン
・CO‒OP用
スナイパースコープ、マークスマンライフル、リモート爆弾

 

HOMEFRONTの詳細

【『HOMEFRONT the Revolution』とは】
北朝鮮を母体とした軍事大国“大朝鮮連邦”によるアメリカ合衆国占領を描く「HOMEFRONT」。
そのシリーズ最新作が世界同時期発売決定!前作の物語から2年後、アメリカの地でより強固な支配体制を築いたKPA(大朝鮮連邦軍)と、彼らの手から祖国を解放せんとするアメリカ人レジスタンス達の戦いが描かれる、HOMEFRONTシリーズ最新作「HOMEFRONT the Revolution」。

占領下のフィラデルフィアを自由に探索し、多彩なゲリラ戦術でKPAに挑むオープンワールドタイプのシングルプレイに加え、リプレイ性の高いオンライン協力モードも用意。CryEngine3による美麗なグラフィックをはじめ、あらゆる面で前作から大幅に進化した本作の日本発売がついに決定!
(※海外発売日:北米2016年5月17日、欧州2016年5月20日)

ホームフロント 画像

STORY

アメリカ陥落。かつての輝きは失われ、自由は廃墟の下に埋葬された。レジスタンスは団結し、再びその手に自由を掴むため戦いの準備を進めている。
いかなる代償を払ってでも…。
2029年、KPAによるアメリカ侵攻から4年―非人道的な統治が行われるフィラデルフィアで、イーサン・ブレイディはレジスタンスへの参加を決意する。革命に火を灯し、人々を迫害から解放するために。

ホームフロント グラフィック

自律型ドローンなどのテクノロジーを駆使するKPAに対し、主人公たちレジスタンスは火炎瓶などハンドメイドの武器で立ち向かう。戦力差は歴然だが、身の回りのものを利用して即席の武器を作り出せるのがレジスタンスの強みでもある。

自由度の高いゲームプレイが楽しめるオープンワールドタイプのストーリーモード

ストーリードリブンのFPSだった前作と異なりKPA占領下のフィラデルフィアを自由に探索し、重要施設の解放や、対KPA破壊工作などの多彩なミッションをこなす、オープンワールドタイプのFPSへと変貌を遂げた本作。ゲーム中には時間の流れが存在し、昼夜や天候がリアルタイムに変化していく。

戦力で上回るKPAとの戦いにおいては、闇夜に乗じて忍び寄るといった、環境を味方につけた戦術も必要になるだろう。また、共に戦ってくれるレジスタンスの兵士や、オープンワールドを迅速に移動する為の乗り物といった要素も用意されている。

ホームフロント ストーリー

レッドゾーンとイエローゾーンで異なるゲームプレイ

ゲームの舞台となるフィラデルフィアは、KPAによっていくつもの地区に分断されてしまった。各地区は高い壁に取り囲まれ、道路には警備の厳重な検問所が設けられているため、市民が自由に行き来できない状態となっている。
「レッドゾーン」はKPAの重要施設が存在し、市民の立ち入りが禁止された区域、「イエローゾーン」はKPAの監視下で市民が不自由な生活を強いられる区域だ。
レッドゾーンではKPAの施設をめぐる激しい戦いが中心になるのに対し、イエローゾーンでは様々な活動を通じて民衆の心を動かしていく、というゾーンごとに異なるゲームプレイが楽しめるのも本作の特徴。

KPAの重要施設が存在し一般市民の立ち入りが禁止された「レッドゾーン」

レッドゾーンはKPAの重要施設が存在する区域であり、市民の立ち入りは厳しく制限されている。ゾーン内には基本的にKPAの兵士しか存在せず、無許可の部外者がそこに立ち入れば、彼らは躊躇無く攻撃を加えてくるだろう。
しかし重要施設の数多く存在するレッドゾーンは、打倒KPAを掲げるレジスタンスにとっても重要な場所であることに変わりは無い・・・

ホームフロント エイミング

レッドゾーンは、極めて厳重な警備体制が敷かれている。
KPA兵の歩兵はもちろんドローンや戦闘車両も多数配備されており、侵入者に対し容赦ない攻撃を仕掛けてくる。

KPAの監視の下
一般市民が不自由な生活を余儀なくされる「イエローゾーン」

一般市民の立ち入りが禁止されたレッドゾーンと異なり、イエローゾーンには多くの市民が生活している。ここでもKPAの監視の目は厳しく、抵抗する力を持たない人々は自由を奪われ、貧しい暮らしを余儀なくされているのが現状だ。
イエローゾーンでは様々なレジスタンス活動を通じて市民を味方につけ、KPAの支配体制を突き崩すことが大きな目的となる。

HOME FRONT グラフィック

イエローゾーンでは武器を隠し、市民に紛れることで無用な戦闘を避けて行動することができる。多くの一般市民が生活するイエローゾーンは、部外者の立ち入りが全面的に禁止されているレッドゾーンほど警備が厳重ではないものの、KPAから指名手配されている主人公は細心の注意を払って行動しなければならない。
街のいたる所にいるKPA兵の目を逃れる為、市民に紛れて行動することが重要となる。

ホームフロント FPS

イエローゾーンでは、様々なレジスタンス活動を通じて市民を扇動し、彼らを決起させることでKPAの重要施設攻略が可能となる。
重要施設の確保や市民の救出といった直接的な行動はもちろん、家を失った路上生活者への寄付やラジオを通じたメッセージ発信など間接的な行動を行うことでも人々の心情を動かすことができる。
KPAへの不満が頂点に達したとき人々は立ち上がり、街に革命の青い炎が立ち昇る。

172.21.18.40-20160322-0155

レジスタンスの活動を支える地下基地とトンネル網

地下鉄の延長計画が頓挫し、建設途中のまま廃棄された地下鉄の駅、どの地図にも記載されていないこの場所こそが、KPAも把握していないレジスタンスの本拠地となっている。
廃棄された地下鉄駅を本拠地として利用しているレジスタンス。
彼らは地上で対KPAの破壊工作を繰り広げる傍ら、隔離された各地区を繋ぐ地下トンネル網の建設にも力を注いでいる。
これにより、ゲームを進めるごとに本拠地からアクセスできる地区が徐々に増えていく。また、本拠地には天才的なガンスミス「シドニー・クック」の工房があり、作戦で得た資金で新たな銃や装備品を購入できる。

HF FPS

地下鉄を本拠地としているレジスタンスだが、地上にもいくつかのセーフハウスや保管庫の
建設を成功させている。セーフハウスでは本拠地と同様、武器などの購入が可能で、達成す
るによって資金を得られる「ジョブ」を請け負うことも。
保管庫はセーフハウスよりはるかに規模が小さいが、内部には、弾薬や医薬品がストックさ
れ、戦いに役立てることができる。

172.21.18.40-20160322-0112

バリエーション豊かなミッションに挑む
オンラインでの4プレイヤー協力プレイ

本作のオンラインモードでは、ストーリーとは独立した4プレイヤーでの協力プレイが楽しめる。プレイヤー自らの分身となるキャラクターを作成し、KPA施設への強襲や、味方部隊の護送など、多彩なミッションに挑んでいく。どのミッションも多数の敵兵が待ち構えており、プレイヤー同士の連携なくしてクリアは不可能だろう。

FPS エイミング

戦術の幅を増やし、リプレイ性を高めるカスタマイズ要素

銃器に装備するサイレンサーや光学サイト、フォアグリップなどのアタッチメントは、ゲーム中いつでも着脱可能。戦況や役割に応じてアタッチメントを付け替えることが重要となる。
なおオンラインモードで使用するキャラクターは、銃器だけでなく外見やスキルをカスタマイズする要素も用意されている。
ミッションで得た報酬を消費して新たなアイテムを入手できる。

武器カスタマイス_

製品情報

タイトル名:
HOMEFRONT the Revolution

対応機種:
Xbox One/PlayStation®4

ジャンル:
オープンワールドFPS

発売日:
2016年5月19日発売予定

希望小売価格:
パッケージ版:7,980円+税
ダウンロード版:7,200円+税

プレイ人数:
1人(オンライン2~4人)

年齢別レーティング(CERO):
D(17才以上対象)

開発元:
Deep Silver Dambuster

販売元:
株式会社スパイク・チュンソフト

コピーライト表記
© 2016 and published by Deep Silver, a division of Koch Media, Austria. Developed by Deep Silver DambusterStudios. Homefront, Deep Silver and their respective logos are trademarks of Koch Media GmbH. Portions of this software are included under license © 2004-2016 CrytekGmbH. All rights reserved. Crytek, CryEngineand their respective logos are trademarks of CrytekGroup. Uses BinkVideo. Copyright ©1997-2016 by RAD Game Tools, Inc. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. All rights reserved. Licensed to and published in Japan by Spike ChunsoftCo., Ltd.

※「PlayStation」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。また「PS4」は同社の商標です。

※「Xbox」「Xbox One」は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

※その他、記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

HOMEFRONT The Revolution 公式ページ

WRITER PROFILE

トルネコ

トルネコ

東京生まれのお座敷シューター。ミリタリーも好きだけど宇宙や近未来系のオカルトネタも大好きなライター件、某フリーランス。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ