TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
PARTNER 2016.05.13

【最速は誰!?】はじめてのドローンレース観戦レポ!想像以上に速い、観客もどよめく圧倒的なスピード。


投稿者:トルネコ

※PARTNER
※引用元:ブーストマガジン

3月26日(土)幕張メッセで開催されたドローンインパクトチャレンジを観戦してきた。筆者の私はドローン初心者であり、ニュースでドローン関連の話題が多くなっているな…と感じていた程度である。初めて観戦してみた生の感想をブーストマガジン読者に届けたい。

幕張メッセ ドローンインパクトチャレンジ

ドローンインパクトチャレンジは、ジャパンドローン2016(2016年3月24日~26日)で行われたレースイベントである。ジャパンドローン2016は、約120社が出展しており、ドローンビジネスの盛り上がりを伺える。最初に私が幕張メッセの会場に足を踏み入れた時の感想は、子供連れの親子が多いな!という印象。お父さんと子供が一緒に観て、触れて楽しむという世代を超えたイベントであった。

その中でも特に注目を集めたのが最終日に行われたレースイベント、ドローンインパクトチャレンジである。

まずはレギュラークラスでドローン飛行を観戦

最初に行われた競技がレギュラークラスで、市販のドローンや自作機をお持ちの方なら誰でも参加できるレースだ。約20名の選手が参加し、3分間でレース会場を何周できるかという飛行距離を争う。
レギュラークラスは、誰でも参加可能なため、比較的和やかな雰囲気。
レギュラークラスでドローン飛行

選手がレース会場の真ん中や隅など、自身が操作しやすい位置に立って、ドローンを目視しながら操作するというもの。
少しわかりづらいが、写真中央部分(少し左側)で光っている物体がドローン。
レギュラークラスと言えども、なかなかのスピードのため、撮影には一苦労。実際に飛行しているドローンをキレイに写真に収めるのは難しいと感じるくらいの速さ。
空撮用のDJI Phantom 3も出場。スピードはそれほど速くないものの抜群の安定感だった。

空撮用のDJI Phantom 3も出場

マスタークラスのレースへ突入!

そして、いよいよマスタークラスのレース。マスタークラスは、ドローン搭載のカメラからの映像をリアルタイムに受信。その映像だけでドローンを操縦することからFPV(First Person View)レースと呼ばれる。

ドローンレース ブーストマガジン

続きはこちら ↓↓↓

はじめてのドローンレース観戦レポ!想像以上に速い、観客もどよめく圧倒的なスピード。ドローンインパクトチャレンジ

※引用元:ブーストマガジン

, ,

WRITER PROFILE

トルネコ

トルネコ

東京生まれのお座敷シューター。ミリタリーも好きだけど宇宙や近未来系のオカルトネタも大好きなライター件、某フリーランス。

このライターの記事を読む

Sponsored link

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ