TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター
Newsミリタリー 2016.02.29

【お茶漬け】イギリスの迷彩艦がどう見ても「永谷園」もしくは「歌舞伎揚げ」という声も

LINEで送る

投稿者:さばなび編集部

Sponsored link

主に戦艦に施された「ダズル迷彩」。

【ダズル迷彩とは?】
ダズル迷彩(ダズルめいさい、英語: dazzle camouflage, razzle dazzle, dazzle painting)は、艦船に用いられた迷彩塗装。特に第一次世界大戦中に多くみられ、第二次世界大戦とそれ以降でも数は減ったが存在している。イギリス人画家ノーマン・ウィルキンソン (en:Norman Wilkinson (artist)) の発案によるもので、対照色で塗装された複雑な幾何学模様で構成されていた。

daz3参照:Wikipedia

Sponsored link

ほぼ100年昔のことなので、現存する写真も白黒です。
そして現代、イギリスが復刻したその迷彩艦の柄を見よ!これは・・・!

どう見ても「永谷園」!もしくは「歌舞伎揚げ」!

こんなド派手で本当に迷彩の効果があるのかと疑わしくなるほどです。

daz2

こちらは塗装前の状態。

daz1

この迷彩艦の場合、ひとえに迷彩といっても「偽装」ではなく、昔は目視に頼っていたので、進行方向や大きさを「幻惑」するためのものですが、こんなのが海上に浮かんでいたらどう考えても目立ちすぎじゃね?と思えてなりません・・・。
実際に航海しているところを見てみたいものですね。

引用元:http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-27818134

, , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link