TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【ガンレビュー?】某有名SFブラスターに激似の水鉄砲「Gスナイパー」は要チェック!【リペイント推奨】


投稿者:乾 宗一郎

ガンマニアのみならず、夏の風物詩といえば水鉄砲(ウォーターガン)
暑さがハンパない夏場のサバゲでは「一服の清涼剤」という人も多いかもしれません。最近では「Asobiba Aqua」など季節限定ですが専用フィールドもあり、堂々と楽しめる機会も増えました。
水鉄砲自体も昔ながらの指アクションだけでなく、ポンプ式や電動タイプなどバリエーションも増え、いろいろ選ぶ楽しみもありますね。

そんな中、筆者が偶然発見してしまったのがこの「Gスナイパー」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一見すると指アクション方式の小型ハンドガンですが、そのデザインをよーく見ると・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
映画好きな人はピンときませんか?
そう、「アノ映画」の「アノ銃」にそっくりなのです。
03
SF映画の金字塔『ブレードランナー』に登場した、通称「デッカードブラスター」
20年以上前の映画ですが、シド・ミードのメカデザインや世界設定がその後の作品に大きな影響を与えた名作で、このブラスターもファンが多い「SFプロップガンの傑作」なのです。
66754
やっぱりカッコいいですね!

余談ですが、この映画のためにシド・ミードがデザインしたブラスターはこれでした。
05
「これじゃあまりにも・・・」と思ったのか、リドリー・スコット監督が現場の小道具スタッフに「とりあえずそれっぽいの作って」と指示してできたのがデッカードブラスターといわれています。

さて、そんな水鉄砲のGスナイパーを、いろいろチェックしてみましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さすがに大きさはお子さまサイズですが、全体のプロポーションは非常にいい感じ。
本体は左右貼り合わせ式で、内部全体が水タンクになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
給水口はこちらの青いキャップから。可動部は指アクションのトリガーだけです。
全長:138mm 重さ:23g 材質:プラスチック 実勢価格:200円前後

サイズ的にはこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
S&Wのボディガードより、さらにふた回りほど小型です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ダブルバレルデリンジャーくらいのサイズ感です。

本体のモールドは甘めながら、かなり雰囲気あるのではないでしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オリジナルのデッカードブラスターをよくチェックしています。

なお、カラーバリエーションは写真の5色
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これはもうお好みで・・・。

実 射
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
成人男性が握ると小指が完全に余ります。
本体に水を入れて撃ってみたところ、飛距離は水平発射で約2m
まぁ、指アクションなのでこんなものでしょうか。
屋外で撃ちあうには心もとない飛距離ですが、風呂場で子どもと遊ぶにはちょうどよいパワーだと思いました。

カスタマイズ
というわけで、リアルな造形を活かすべくリペイントしましょう!OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まずは表面の脱脂から。
アルコールやパーツクリーナーでゴシゴシよーく拭きます。
その後、スポンジヤスリや研磨スポンジなので軽く磨きましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こすった細かい傷で表面がうっすら白くなるのが目安でしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琥珀色のグリップをイメージさせるため、オレンジの個体を使用して・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
グリップ部はそのまま活かすようにマスキングしておきます。

下地塗装
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
信頼と実績の「ミッチャクロン」を薄く吹きました。
塗装に使ったのはこの3色。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マットブラックで全体を塗装し、ガンメタルでアクセント。
最終的にクリアブルーで薄くコーティングします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スプレー塗装はとにかく薄く、数回に分けて吹くのがキレイに仕上げるポイントです。

何となくこんな感じでいかがでしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
乾燥後にざっと見てOKであれば・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マスキングを剥がしましょう。

LEDマーカーの部分はマーカーペンで赤を乗せました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
グリップ部がちょっと明るすぎる気もしますが、なんとなく雰囲気よく仕上がった気がします。
ちなみに塗装前後ではこの違い!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下地とマスキング、塗装(乾燥時間込み)で半日あれば十分仕上がりますよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サイズが小さいのは残念ですが、リペイント後の雰囲気はけっこういい感じだと思います。

このように、ちょっとした手間をかけてペイントすれば、数百円の水鉄砲が(ちっちゃい)デッカードブラスターになりえます。
IMG_4587
ダイキ工業の高木式ブラスター(無可動モデル)と並べてみました。ちょっと親子っぽいかも?

興味がある人は、ぜひ購入して、ちょろっと塗ってみてはいかがでしょうか!

 

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ