TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター

【ギリーのトップシーズンがやってきた!?】自作ギリースーツで偽装効果UPを狙おう!!

LINEで送る

投稿者:サトウ トミ

Sponsored link

5月。ゴールデンウィーク。新緑の季節ですよね。
草木は青々と茂り、アウトドアフィールドのブッシュもいい感じにボリュームがでてくるこの季節、真夏のような暑さもなくまさにギリースーツが旬な季節といえるのではないでしょうか?

そもそも、ギリースーツとはどんなものなんでしょうか?
ギリースーツとは、スナイパーや猟師が森の中や山の中で、居場所がばれないように擬態するための衣服の総称です。その歴史は案外新しく、1899年に勃発した第二次ボーア戦争でイギリス陸軍の狙撃兵部隊で使用されたのが実践で最初に用いられた例であるとされているようです。(wikiより)

さばなびでも以前ギリースーツの擬態のスゴさを紹介していますよ!

◆どこにいるかわかった?自然同化スキルがハンパない風景画像・・・もといスナイパー画像まとめ

軍人さんは、ギリースーツは基本的に出来合いのものは使わず、自作しそれをほぼ使い捨てするようですね。サバゲで使うのであれば既製品でも構いませんし、こだわるのであれば自作もアリかもしれません。
既製品はwebショップなどで5,000円も出せば買えます!

ここではアナタ色のムックマイギリースーツの作り方を紹介したいと思います。ベースとなるのは布や網製のスカスカなジャケットというかベースになる服で、それに”ジュート”と呼ばれる麻ひもを結びつけるのが一般的。さばなびでも紹介したVOODOO TACTICALのギリーベースなどを使うと比較的簡単に作成することができますよ!

こちらがギリーベースと呼ばれるもの。ムックで例えると皮の部分w これにジュードを結ぶとムックができあがるというわけです。結びつけるのはとりあえず「頭部」と「肩」!

出典:http://www.voodootactical.eu/

ジュートは現地の植生と潜伏ポイントをしっかりとリサーチして色を選び、作成作業を行います。元々染色されてるものもありますが、ジュートと染色材を買ってきて自分で染色するのもアリです。(そっちの方が安上がりかも?!)

出典:http://www.voodootactical.eu/camo-suit-yarn-single-color-pack

サバゲで使うなら、緑が多いかとか土が剥きだしてるかとかで判断するのがいいかと思います。
ただ、緑も季節や植生によってさまざまな色があるため、そのままでは違和感が残りがち。仕上げにスプレーで色調整を行えばとりあえず完成です。

更に、現地の植物や泥なんかをつけてあげれば尚いいですね!しかし、植物は徐々に枯れ、泥は乾いて色が変化してしまうので注意が必要です。

出典:http://www.voodootactical.eu/

Sponsored link

そして手作りギリースーツで忘れてはいけないのが防火処理!
ジュートは麻なのでとてもよく燃えます! 冬場のサバゲで焚き火に引火したとか、タバコを吸おうとして100円ライターで火ダルマとかシャレになりません。
そのままだとあまりにも危険なのでしっかりと防火処理を行います。
防炎スプレー ファルガード500ml FAL002 5006an
このような防火スプレーがありますのでしっかり対策をしておきましょう。
米軍ではスナイパーギリー専用の防炎リンス剤が支給されているそうです。

さてさて、気になるのがギリースーツのメリットとデメリット。
メリットは、植生が合えば物凄い迷彩効果が得られること!
筆者も20mほど先の敵チームがこちらを見ているのに、こちらに気が付かずに体を出して一方的に討ち取れた!といったことも何度か経験しています。

ですが、デメリットとしてはヒット判定がわかりにくい!!!
全身もこもこ状態になるので、遠くから飛んできたBB弾がポコっと当たっても気がつかない可能性があるのです。これは周りに弾がぱらついて来たら退場する、という紳士対応をおすすめします。

また、重さや機動力についても問題がありますが、こちらは改良されてきているようですね。以前は頭から足まで全身ムック状態が主流だったギリースーツですが、最近では頭から胸部,背面だけのものが増えてきて、頭から肩と腕だけのタイプもあります。
例えばx115x Taylorさんのスニークフード。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
素材はジュートではなく3Dカットが入ったリアルツリーの迷彩生地。ひと昔前だと「ハーフギリー」といわれるようなこのタイプでも高い迷彩効果が発揮でき、かつ重さや機動力への影響が少なくなっています。
全身ムック状態に抵抗がある人は、このタイプが手軽に始められてイイかもしれません。

ちなみに、ギリースーツは輪郭を隠すことでステルス効果を発揮するといわれています。人間は頭から肩にかけてが一番輪郭がはっきりしていて、相手が「人間だ!」と認識するのはここによるそうなので、たとえ植生が合っていなくても輪郭がぼやけていればそれなりにわからないものです。
そしてギリー着用時の注意点は「むやみに動かないこと」に尽きますので何があっても微動だにしないよう意識しておきましょう。

そんな高い迷彩効果が得られるギリースーツ、みなさんも是非試してみてください!
そんなギリースーツを着てスナイパーをしてる外国人のサバゲ動画がかっこいい!

YouTube Preview Image

「顔に撃つのは嫌だ…」とか言いながら見つかったらためらいもなくトリガーを引く辺り、生粋のスナイパーさんですね!

*本記事は2014年に執筆したものを再編集しています。
制作協力/海月くらげ

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

サトウ トミ

サトウ トミ

さばなび編集部女性ライター第一号。ゆるい記事から真面目な記事まで独自の視点で”サバイバル”を伝えていく。インタビューが生き甲斐で、サバゲーマー=人の魅...

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link

おすすめアイテム