【ショップ紹介】「REALMENT」さんでは実物装備品が手にとって見られる+試着も可能! | さばなび
TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【ショップ紹介】「REALMENT」さんでは実物装備品が手にとって見られる+試着も可能!


投稿者:乾 宗一郎

サバゲで必須なのはゴーグルとエアガン、そしてしっかりとしたブーツ。その次に揃えたいのがチェストリグやプレートキャリアといった装備品でしょう。
なくてもサバゲはできますが、それなりのスタイルなら格好もつきますし気分も高揚するもの。ほら、格好から入る人っていっぱいいますし。

サバゲを始めた当初は「とりあえず」で目についた装備品を選んだ人も多いと思いますが、何回かサバゲに行くうちに、ビシッとキメた人の装備を見て「カッコいいなぁ」と思うことはありませんか? コダワリ派の人であれば、「どうせなら実物で」と考えてしまうかもしれません。

そんな本格志向の人にオススメしたいのが実物装備品を取り扱う「REALMENT」さん。

公式web
通販ショップだけではなく、取扱商品を並べたショールームが東京都台東区にあります。今回はこのショールームにオジャマして、いろいろ見てきたのでぜひご覧下さい!

と、その前に。まず代表の槇原さんに実物装備品の魅力をお聞きしました。

「いくつかありますが、実用面でいうと耐久性が高く丈夫ということがあります。ハードな状況で使われるものなので相当ムリしても壊れません。最近では500D(デニール)など薄手の布地を使って軽量化されていますが、それでも耐久性はかなりのものです」

やはり実用品だけあって頑丈さは折り紙つきですね。
ただ、最近ではよくできたレプリカもありますが・・・

「確かに再現度の高いレプリカはありますが、それでも完璧に再現されているものは少なく、そもそもレプリカがないモデルもあります。そういった意味では実物はオリジナルとして所有欲を満たせるかもしれません。お気に入りの部隊やゲームなどのキャラが使用していた場合、それと同じものという満足感です」

なるほど。ではこちらのお客さんは装備好きな人やコレクター的な方が多いのですか?

「いや、それが一番多いのはサバゲーマーさんなんです。始めて1年ほどの方や、昔やっていて最近復活した方もいらっしゃいます。実物を見たかったという人や、気に入ったレプリカ装備を使っているけど、その実物はどんなものだろう?というお客さんも増えています」

となると、見学や相談に来るお客さんも多いのでしょうか。

「はい、むしろ大歓迎です。さすがに安いものではないので、じっくり悩んで納得したものを選んでいただきたいです。試着もOKですから、実際に着てみないと分かりにくいサイズ感も確認できます」

こういったコンセプトでこのショールームをオープンしたのだといいます。

「私も装備好きでサバゲもやります。なのでそういった目線でこだわったセレクトを心がけています」

では、槇原さんオススメの装備品をいくつかピックアップしていただきました。
まずはプレートキャリアからどうぞ。

APC(Assault Plate Carrier)~価格:40,100円

Mayflower(メイフラワー)製の軽量なロープロファイルアーマー。LBTの名作「6094」をさらに小型軽量化したようなデザインで、非常に動きやすいそうです。胸部にはアドミンポーチ、腹部にカンガルーポーチがついており、縫製も非常にキレイ。
ミリタリーでも一部の特殊部隊で使用されたり、最近ではLE系での使用も確認されているそうです。
胸部左右のファステックスはチェストリグの接続用。

マルチカムモデルは前面のベルクロもマルチカムパターン。
プレートはMサイズのSAPIあるいはESAPIが収納できます。カラーはマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン、デジタルデザート、Mandrake、Highlander。

LWPC(Lightweight Plate Carrier)~価格:30,900円

上記メイフラワーとは系列会社となるVelocity Systems(ベロシティシステムズ)製のプレートキャリア。
外側は500Dナイロン製で、内側はさらに薄いナイロン布地を使用した軽量なモデル。前面はモールのないスリックタイプで、付属のカマーバンドはメッシュ地の内と外にモールテープが装備されています。

マチのないやや大きめのデザインはさまざまなプレートに対応するためのもの。ベルクロ付きのアドミンポーチとチェストリグ連結用のファステックスも装備しています。
カラーはマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン。軽くてシンプルなプレートキャリアとしてオススメです。

お次はオススメのポーチ類。

Drop Down/ Tilt-Out style MBITR 152 Pouch~価格:8,100円

最近良く耳にするTYR TACTICAL製。ラジオポーチはミリタリー装備には必須のもので、PRC-152用ですがPRC-148も収納可能です。
ドロップダウンタイプでラジオへのアクセスが簡単にでき、不意に開かないよう横方向のバックルが装備されています。MSNナンバー付きでマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン。

Medical Pouch-small~価格:8,700円

独特のデザインで使いやすさに定評のあるATS TACTICAL製のメディカルブローアウトポーチ。非常時にすぐさま使えてなおかつ通常時はジャマにならないという相反する要素を兼ね備えています。カラーはマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン。
チラリと見える赤いハンドルがメディカルポーチとしての存在感を表します。

6X8/6X6 SF.GP.Pouch~価格:4,500円/3,950円

どちらもヨコ4コマ取り付け対応のATS製ユーティリティポーチ。薄手の軽量素材を使用し、ベルトやプレートキャリアのカマーバンドなどに装着するのに最適なサイズです。カラーはマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン。
この手のユーティリティポーチはいくつあってもいいので、まずは「お試し」で購入していく人が多いそうです。

アパレルその他のアイテムもあります。

特におもしろそうなものをピックアップしてみました。

Rugby Shirt~価格:10,500円

ベロシティシステムズ製のショートスリーブシャツ。軽くて通気性がよく、発汗を素早く放出する化繊生地がポイントです。
ラグビーシャツスタイルのエリは、アーマーやスリングによるスレを防ぎ、ボタンもないので首元の快適性も高いとか。ソデにはベルクロ素材によるポケットを装備します。
カラーはブラックとウルフグレイ、サイズはSとM(USサイズ)。
布地が薄いのでサバゲにはツライかもしれませんが、スポーツやトレーニングなどには最適です。

Huron Ballistic Carrier Kit Bag~価格:15.300円

TYR製のキットバッグ。ボディアーマーやヘルメットなどかさばる装備をそのまますっぽり収納でき、全周ジッパーで出し入れも簡単。サイズは58.5×58.5×25.5cmもあります。内側にはサイドポケット、外側にはカードホルダーやベルクロ付きポケットもあるので、サバゲの装備はこれ1つでまとめて持ち運べます。
カラーはマルチカム、コヨーテブラウン、レンジャーグリーン、ブラック。

Tough Hook~価格:2,450円

見ての通りものすごくゴツいハンガーで、フル装備のプレートキャリアにも余裕で耐えられる強度があります(耐荷重は68kg!)。
左右のストッパーでズリ落ちを防ぎ、アーマーを引っ掛けた状態でクルンと回転させれば持ち運びに便利な取っ手があります。カラーはタンとブラック。
自宅での保管にもサバゲでの持ち出しにも便利に使えそうです。

今回ピックアップしたアイテムは、常に全色・全サイズ在庫があるとは限らないので、気になるものがあったらぜひ問い合わせてみて下さい。
最後に槇原さんがいうには・・・

「ゼロからサバゲを始める人は、ある程度エアガンやサバゲグッズが揃ってから装備品を選ぶと思います。その段階で実物を!とはなりにくいですが、しばらく続けていると説得力のある実物が欲しくなる人が多いようです。いったん買ったアーマーなどはずっと使うでしょうから、まず壊れない実物を買っておくと結果的に安く済むこともあります。それと、実物装備は中古でも値段がつくのでリセールも期待できますよ」

やはり、相談しつつジックリと選べるショールームの存在価値は高いようです。

REALMENT
URL:http://realment.jp/
ショールーム
〒110-0042 東京都台東区寿1-18-8
東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩3分
営業時間:平日12:00~20:00(土日祭日は休み)

, , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ