TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALIWA 2015.03.15

【IWA2015】注目の海外エアソフトメーカーまとめ~VFC、G&G、ICS、KingArms編


投稿者:乾 宗一郎

IMG_0880
好評のIWA2015リポート、今回もエアガンメーカーをまとめてみました。
中でも日本でもおなじみのVFCやG&Gといったメジャーメーカーです。
ではどうぞ!

VFC
01
今回はVFC単体ではなく、ヨーロッパの大手代理店のブースでの出展でした。とはいえ、新製品がいくつかあったので要チェックです。

新型メカボックス搭載の電動M4
02
HoohaShowでも展示されていた新型メカボを搭載した電動M4。
樹脂パーツが従来の透明ポリカから赤い樹脂になっていますね。
03
他にも耐熱構造のスイッチや8mmベアリング、ハイスピードギアなどで構成されています。とりあえずver.2タイプから展開するそうです。

オリジナルM4シリーズ
04
ハンドガードはURX3のKey-Modバージョン?
ストックもオリジナルタイプです。

416Cタイプのスライドストックを装着したPDWバージョン。
05
この組み合わせはかっこいい!
下は同仕様の伸縮ストックバージョン。
06
アッパーはデフレクターとフォワードアシストノブのないシンプルなタイプですね。

G&G ARMAMENT
07
台湾の大手エアガンメーカー、G&Gも大きなブースで出展していました。

SR16 E3 13.5”
08
KACの正規ライセンス品。
メカボックスは同社独自のMARSBOXを採用し、グリップとモーターが同時に簡単交換可能です。

M4(AR)シリーズ
09
一角には新製品がまとめて展示。
オリジナルのKey-Modハンドガード(左側)とハニーバジャー風のカスタムAR(中央)に注目でしょうか。

MG42
11
G&G渾身の一品、電動MG42。
今回のサンプルは表面がパーカー風のダークグレーでした。

ICS
12
独自機能を得意とするICSも単体でブースを構えていました。

PAR Mk3
13
チェコのPROARMSの正規ライセンス品で、Mk3では独特なビレットレシーバーをしっかり再現。数少ないヨーロッパ製ARとしてはなかなか格好いいと思います。
IMG_0983
上下分割メカボでテイクダウン可能。
ブローバック機能もあるというてんこ盛りな電動ガンで、早いところではもう国内に入ってきているようですよ。

KingArms
14
CAAと共同出展していたKingArms。
今回新製品はちょっと控えめでした。

KingArms Revolver Prototype One
15
コルトフレームっぽいガスリボルバーの試作品は、40歳以上の人なら「パイソンのPPCカスタム?」となりそうなデザインが◎。
従来のCO2リボルバーのような間延びしたフレームになっていません。これはいいじゃないか!と思いましたが、CO2ドライブと金属フレームということで日本には輸入できなさそうですね。

TAC21 Prototype
16
ボルトアクションのM700を使用する軽量なマッチライフルがTAC21。そのCO2バージョンが発売予定とのこと。
ボルト内に12gボンベを内蔵し、実銃並みに軽いコッキングが可能です。
とはいえこれも日本ではムリっぽい・・・。

今回紹介した中でも、VFCとG&G、そしてICSの電動ガンはたぶん日本でも買えるようになると思います。「おぉ、これは!」と思ったアナタ、期待しましょう!

, , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト


  • ピックアップ