TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター

【新フィールドレビュー】関東屈指の敷地面積を誇る巨大野外フィールド!初心者にも優しいCAMP DEVGRUに行ってきた!

LINEで送る

投稿者:横須賀 敦史

Sponsored link

DV-001
2014年12月1日にオープンした新フィールド「CAMP DEVGRU」さん(千葉県四街道市)。
かつて「Village-1」があった場所に、新たな会社が大幅に手を加えてオープンさせた野外フィールドです。

特筆すべきはその広さで、L、M、Sの3つのフィールドをぶち抜きで使えば、最大400名まで収容可能。
DV-0000
さらに充実した設備を備え、熟練サバゲーマーはもちろんのこと、女性や初心者も気軽かつ、快適に遊べることをコンセプトにしています。

まるで某夢の国ような構造物!
まずはもっとも大きなLフィールドから見ていきましょう。
DV-002
↑こちらのゲートの向こうが、Lフィールド。
ゲートの上は観戦台になっています。
※要ゴーグル&フェイスマスク
DV-003観戦台からは↑ こんな感じの眺めです。

入ってすぐ、目の前に広がるのがとっても雰囲気のある構造物の数々。
ウエスタンなテイストたっぷり!
DV-004
炭鉱&トロッコ&線路が熱い!

池や桟橋&橋もあります。
IMG_0334

フィールドの奥に行くと背丈以上の笹林がまるで迷路のように広がっていて、随所に潜めるポイントがあります。
DV-006

また、各所に塹壕やバリケードなども。
DV-007
林にいかに溶け込めるかが、攻略のポイントかもしれません。
DV-008

まるで「ジュラシックパーク」のようなSフィールド

続いてはCAMP DEVGRUさんのもっとも奥にあるSフィールドに行ってみましょう。
勘の鋭い方は、もうピンと来ているかと思いますが、各フィールドの名称は、サイズが由来となっています。
つまり、SフィールドはCAMP DEVGRUさんの中で最小のフィールド。

DV-009
他の2つのフィールドとは植生が大きくことなり、木々が生い茂ったジャングルフィールドといった趣き。
迷彩服で中に入ればかなり紛れ込めるでしょう。
DV-010ブッシュが濃いか所も随所にあるので、うまく潜めば数的不利も挽回できるかも!?
DV-011
起伏あり+笹を中心とした植生のMフィールド

続いてはSとLフィールドに挟まれる形である、Mフィールド。
DV-012このMフィールドはなだらかな起伏がありつつ、笹林をメインにしています。
メインとなる道は広めですが、四方八方に潜めるシチュエーションなのでゲーム中は油断できません。
DV-013
笹林はまるで迷路のように入り組んでいます。
DV-014

Sponsored link

雰囲気&快適度満点のセーフティ!
続いてはセーフティや設備を見ていきましょう。
まずメインとなるセーフティは、屋根付きで全130席以上。
DV-015
各テーブルにはライトがあり、夜になればより雰囲気が高まってくるでしょう。
DV-016
また、セーフティ内にはバーカウンターもあり、今後はココでお酒や飲み物を提供していく予定だそうです。
DV-017
夏とか、夕涼みしながら一杯やったら最高だろうなー。
ちなみにフィールド内に宿泊施設を作る予定もあるようで、ゲーム後にそのまま夜は仲間たちと飲み語らい、そのまま泊まって、翌日の定例会に参加するといった贅沢な時間の使い方もできるようになるそうです。

メインとなるセーフティ以外にも団体用のプライベートエリアや、
DV-018
M&Sフィールドに隣接したセーフティもあります。
DV-019

更衣室は、女性用の独立したものがありますし、
DV-020
男性用の簡易的なものもあります。
DV-021
トイレも水洗でとっても清潔でした。
DV-022
※別途独立したセーフティに簡易トイレもありました。

そしてこれまた魅力的なのが、シューティングレンジです。
標的までの距離は最大50m以上!
吹き流しがあるので、風の状況を目視できるありがたい作りです。
DV-023

また、フィールド内にはショップもあり、サバゲー関連や消耗品の他、お菓子、さらには靴下やパンツ(男性用)まで購入することができます。
DV-024
パンツや靴下は、「Dickies」ブランド。
DV-025

さらにレンタルウェアも充実しており、複数の柄から好きな迷彩服(TRU SPEC製)を選ぶことができます。
IMG_0761
どうせなら格好良くサバゲーしたい初心者にとっては、こうした選択肢があるのはうれしい限りです。
IMG_0786

駐車場もとっても広大です!
収容人数に見合ったキャパを備えています。
DV-028

といったところがCAMP DEVGRUさんの全貌です。
いかがでしたでしょうか?

次回は、最大規模のLフィールドをよりディープにご紹介していこうと思います。

【取材協力】
CAMP DEVGRU(キャンプデブグル)
所在地:千葉県四街道市吉岡1132
URL:http://c-devgru.com/
料金:
<定例会>
男性:3,300円/女性:2,500円
<貸切>
Lフィールド:20名まで65,000円
※20名以降は1名追加ごとに+3,300円/最低予約人数20名~
Mフィールド:10名まで33,000円/最低予約人数10名~
※10名以降は1名追加ごとに+3,300円
Sフィールド:10名まで25,000円
※10名以降は1名追加ごとに+2,500円/最低予約人数10名~
その他、レンタル料金、レギュレーションなどの詳細は公式Webサイトをご確認下さい。

衣裳協力:x115xTaylor
Webサイト:http://an3.militaryblog.jp/
※今回の撮影で使用した装備は「P4E PlateCarrier(Multicam Black)」です。

DV-029
モデル:西山野園美(にしやまのぞみ)
公式ブログ:にんげんさんか http://ameblo.jp/mammo-ni/
公式Twitter:西山野園美@めるへんまじっく|@nozoccho
ダンス&ボーカルユニット「めるへんまじっく」でリーダーを務めるノゾミちゃん。平日を中心に日々ライブ活動中です。「めるへんまじっく」の最新情報は、公式Twitter「めるへんまじっく|@maerchenmagic」でチェックできます!

※モデルさんはゴーグルやフェイスマスクはつけていないカットがありますが、フィールドに入る際は安全のため必ず防具を着用下さい。今回もフィールドに誰もいない状況で撮影しています。


, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む
LINEで送る


Sponsored link